Liquid error: Could not find asset snippets/_hasigo-pre-order-v0.0.7.liquid

カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

CBD(カンナビジオール)って何?「hemptouch(ヘンプタッチ)」を今こそ、取り入れたいワケ

CBD(カンナビジオール)って何?「hemptouch(ヘンプタッチ)」を今こそ、取り入れたいワケ


CBDと聞いて、どのくらいの人が「カンナビジオール」と即座に答えられるでしょうか。カンナビジオール(通称、CBD)とは、ヘンプの成分のひとつであり、最近ではセルフケアとして、リキッドやオイルなどを摂取している人が増えています。それはどんなもので、どんな人におすすめなのか。CBDを使ったスキンケア製品などを作るスロベニア生まれのブランド「hemptouch(ヘンプタッチ)」を通して、紐解いていきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー

MENU

1.CBD(カンナビジオール)とは?

2.CBDを使ったブランド「hemptouch(ヘンプタッチ)」って知ってる?

3.「hemptouch(ヘンプタッチ)」およびCBD ~ 昔からあるもの 今だからこそ必要なもの ~

4.平井さんと佐藤さんに聞く "CBD配合「hemptouch(ヘンプタッチ)」の活用方法"

5.平井さんと佐藤さんがリコメンド! お気に入りの「hepmtouch(ヘンプタッチ)」アイテムとは?

6.CBDの含有量も様々な「hemptouch(ヘンプタッチ)」から "自分に合うアイテムを見つけよう"
ーーーーーーーーーーーーーーー

今、世界中がコロナの影響で大きな変化を余儀なくされ、ネガティブなニュースをはじめ、たくさんの情報の流入により不安や焦りを感じ、先が見えない、暗い気持ちになるという人が増えているかと思います。そんな人にこそ、試しに手に取っていただきたいCBDアイテムについて、今回は株式会社エソテリックで営業を務める平井ナタリア恵美さんと、フリーランスでさまざまなブランドのディレクションを行う佐藤香菜さんのお二人へ、お話を伺いました。

 ①CBD(カンナビジオール)とは?

そもそもCBDとは、何なのか。CBD(カンナビジオール)とは、ヘンプに含まれるカンナビノイドと言われる成分の中で、含有量が多い成分を指します。リラックス、鎮静を始めとする治療効果があると言われ、WHO(世界保健機関)も一部の疾患へ有効である可能性を認めています。それはCBDが、体内にあるECS(エンドカンナビノイドシステム)という機能(食欲や睡眠、気分や炎症、記憶などに関わる機能)に働きかけることによって、ストレスや過労など、様々な要因により崩れた体内のバランスを整えてくれるからなのです。これは人間だけでなく、犬や猫などを含む哺乳類に効果があるとされます。CBDを摂取する場合、飲む用のオイルタイプ、肌に塗る塗布タイプ、吸引タイプがあります。

 

CBDを使ったブランド

「hemptouch(ヘンプタッチ)」って知ってる?
ECSに働きかけることで、体の様々な調子を整えてくれるCBD。それを使って造られたスロベニア生まれのブランドが「hemptouch(ヘンプタッチ)」です。2014年、ヘンプの持つパワーに注目し、アカデミックな研究を行ってきたマルコ・スラディック氏と、ハーブのエキスパートであり、自身も昔から敏感肌で悩んでいたというシルヴィア・スペハー氏が出会い設立されたCBDメーカーに端を発します。

 ③「hemptouch(ヘンプタッチ)」、およびCBDとは

~ 昔からあるもの 今だからこそ必要なもの ~
CBDの様々な効果に着目し、2014年にスロベニアで生まれた「hemptouch(ヘンプタッチ)」。そのパンフレットには、印象的なコピーが書かれています。
「昔からあるもの 今だからこそ必要なもの」その意味について、昨年はスロベニアにある「hemptouch(ヘンプタッチ)」本社へ行き、創立者のお二人をはじめ、現地で働く方々と交流され、新商品のディスカッションもされてきた平井さんと佐藤さんへ伺いました。

 

平井さん(以下、敬称省略):「ヘンプタッチは、“自然は最高の薬”と考え、とにかくナチュラルであることにこだわり、農薬などの化学成分は一切排除して、製品作りをしています。その証明として2020年、スキンバーム、フェイスクリーム、シャンプー、クレンザー、リップバームが、オーガニックコスメ認証機関の中で最も有名なうちの一つであり、厳格な基準を設けている「NATRUE(ネイトゥルー)認証」を取得しました。そんな中、ヘンプタッチから化粧水を作ることになりまして、昨年の9月頃から、佐藤さんに協力していただくことになりました。」

 佐藤さん(以下、敬称省略):「私にとって、ブランドに携わらせていただく上で、そのプロダクトが作られた背景はとても重要です。どんな人々が、どんな環境でものづくりされているかを見ておきたいということで昨年の12月、平井さんと一緒にスロベニアへ行かせていただきました。化粧水を作るための話し合いひとつとっても、日本人である私たちの感覚と、海外の人々のスキンケアアイテムの感覚に違いがあり、カルチャーショックを受けましてし、人々の暮らしの豊かさに驚いたりと、とても有意義で面白かったです。そこで考えたのは、そもそもCBDに馴染みがないと言いつつも、考えてみればヘンプは昔から、その繊維が衣服として使われたり、ヘンプシード(麻の実)が食品として使われていたり、案外、日本人の暮らしの中にも身近にあるものなんですよね。

そのうえで今の私たちを取り巻く環境は、常に新しいものや新しい情報がどんどん入ってくる状態です。でも考えてみたら、ここ10年のデジタルなどの進歩に対して、人体はそんな急速に進歩していないですよね、するとどうしても疲れてしまうと思うんです。そうなったとき、昔から身の回りにあったヘンプに、新たにCBDの効果が発見され、こうして商品になっているということ。古いものと新しいものとが絶妙なバランスで、CBDに着目して造られたヘンプタッチには、古いものと新しいものとが絶妙なバランスで詰まっていると思いました。そういう意味でも、CBDを含むヘンプタッチは、これからの生活に取り入れたいもの。だからこそ、あのキャッチコピーなのだと思います。」

 

④平井さんと佐藤さんに聞く

CBD成分配合「hemptouch(ヘンプタッチ)」の活用方法
日本人の暮らしにも根付いているヘンプに再注目するお2人に「hemptouch(ヘンプタッチ)」の活用方法について教えていただきました。

平井:「やはり今は、コロナの影響で不安感に襲われたり、暗いニュースが容赦なく入ってくることで疲れを感じている人が多いと思います。そんな方々にはリラックスが必要だと思うので、CBDの効果が感じやすいオイルやスプレーを試してほしいです。

ちなみにCBDの効果って、感じ方が人それぞれ違います。さらに、効果が出るのも摂取後30分くらいで感じる人や、1時間後に感じるという人がいます。ですから、オイルやスプレーを初めて使う人は、その後に外出や用事があるときは避けて適量を試してみてください。そしてそこから自分にどんな変化が現れるか、またどのくらいのCBD含有量が合うかなど、しっかり観察して効果を実感してほしいと思います。」

佐藤:「コロナや自然災害、そして温暖化など、気が滅入ることが怒涛のごとく押し寄せてくる今だからこそ、自分という向き合う時間に使うのがオススメです。スプレーやオイルを、デジタルデトックスするときのお供にしていただけたらいいと思います。」

 hemptouch_oil&spray

hemptouch各種製品

 

⑤ 平井さんと佐藤さんがリコメンド!

お気に入りの「hepmtouch(ヘンプタッチ)」アイテムとは?
CBDビギナーの人でも、ひと息ついてリフレッシュするときに、体の内外から取り入れたい「hemptouch(ヘンプタッチ)」。スロベニアの本社へも足を運ばれたという平井さんと佐藤さんは、実際にどんなものを使っているのか。玄人目線で選ばれたアイテムについても聞いてみました。

 平井:「オイルやスプレーは、舌下から取り入れることで血液へとめぐらせることができ、比較的早く効果を体感できるので体への効果も顕著に感じやすいですが、スキンケア用品もとても優秀です。私はまず、化粧水とフェイスクリームをリコメンドします。ヘンプってとても青々しい香りなのですが、それをどうにかCBD*¹を取り入れながら日本人でも無理なく使えるものにするために色々と試しました。最終的に完成したモイスチャーブライトローションはネロリとローズゼラニウムによって、心地よい香りに落ち着けました。使用感も、コスメ通の人たちにも通用するものを作りたかったので、すごくこだわりました。肌(角質層)への浸透が早く、そこでしっかり留まってくれるものになっています。そしてもう一つはヘンプタッチが造られた当初からあり、CBD*²が高濃度で配合されているバランシング・フェイスクリーム。こちらも個人的にオススメです。そしてやっぱりもう一つ! いつもポーチに忍ばせているのは、CBDスプレーのチョコレートですね。これはびっくりするくらい美味しくって、スイーツに吹きかけたり、スムージーに入れたりしています。」 *¹肌を整えるために *²肌荒れを防ぐために

佐藤:「私もはやり、スキンケア用品かな。そもそもCBD*³が配合されたスキンケア用品って、日本では非常に稀なので全部オススメしたいのですが、その中でもスージングCBDスキンバームですね。次にCBDスプレーのペパーミントは常に持ち歩いていて、ペパーミントのフレーバーがお気に入りです。仕事の合間に使ったりしています。お客様の中には、男性の方でCBD*⁴が一番高濃度に含まれているセラピューティックCBDスキンバームを迷わず買って行かれるお客様もいらっしゃるそうです。」 *³健康的な肌を保つために *⁴肌を保護するため

⑥CBDの含有量も様々な「hemptouch(ヘンプタッチ)」から

自分に合うアイテムを見つけよう

・気分転換したい方に。
・ひと息つきたい方に。
・夜更かししがちな方に。
・朝が苦手な方に。
・環境に左右されやすい方に。
・肌トラブルを防ぎたい。
・季節の変わり目は敏感になる。

上記項目に1つでもあてはまるようなら、試す価値はあるかもしれませんね。
まずはインタビューでもオススメアイテムとしてご紹介いただいたCBDスプレーでお食事のアクセントに気軽に取り入れてみるのも初めての方にはオススメです。

hemptouch(ヘンプタッチ)」には、オイルとスプレーとスキンケア用品がラインナップされており、それぞれにCBDの含有量が変わるものもあれば、中にはCBD成分が配合されていないものもあります。もちろんCBDの成分をしっかりと熟知した上で、今の生活をより良く快適にするために取り入れることをオススメしますが、そもそもプロダクトとしても満足度の高いものが揃っているので、平井さんと佐藤さんのお話もふまえて、気になったものから気軽に手にとってみてはいかがでしょうか。

hemptouch各種製品はこちらから

 

 

ライター MATSUKURA

元ファッション誌エディターで、海外ゴシップ好き。ベースメイクの研究にハマり、さまざまなクリームやファンデーションをあれこれと試す日々。妊娠・出産を機に、インナービューティーへの関心が深まりつつも、模索中。双子(女の子)の母。

 

x