カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

正しいお風呂の入り方と効果とは? クレイ入浴剤・CLAYD(クレイド)代表 羽田賀恵さんインタビュー

正しいお風呂の入り方と効果とは?│ クレイ入浴剤・CLAYD(クレイド)代表の羽田賀恵さんにインタビュー

CLAYD(クレイド)とは2013年、アメリカ西海岸にある某砂漠のクレイ(泥)を使い、一切手を加えずにパッケージされた入浴剤に端を発します。その後、ファッション関係者など、高感度な方々の間で広まり、今では入浴剤だけでなく、クレイマスクやソープ、歯磨き粉など、その他のプロダクトも作られています。

そんなCLAYDの生みの親である代表取締役の羽田賀恵さんへ、インタビューが実現したということで、CLAYDの誕生秘話からパッケージへのこだわり、羽田さんの思い、お風呂の正しい入り方、CLAYDの正しい活用方法まで全3回にわたってお届けします。

雄大な自然が切り取られた写真、スタイリッシュにパッケージされたクレイ(泥)の入浴剤・CLAYD(クレイド)。その中身は、大地の一部をそのまま封入しただけのとても質実剛健なものです。第1回では、そんなクレイ(泥)が、商品になるまでの経緯から、羽田さんがプロダクトを通して伝えたい想いなどを伺いました。そして第2回では、お風呂の正しい入り方や効果についてご指南いただきたいと思います!


MENU

1.< BRAND STORY > 〝循環、巡りを促す〟クレイ・ブランドCLAYD(クレイド)を今こそ使いたい理由 

2.正しいお風呂の入り方と効果とは?

3.クレイ・ブランドCLAYD(クレイド)の働きと、正しく効果的な使い方


現代人がお風呂に入った方がいい3つの理由

松倉:CLAYD(クレイド)の看板商品といえば、モンモリロナイトを袋にそのまま封入して作られ、自宅のお風呂でも温泉を超える体験できるという入浴剤ですが、そもそものお風呂に入ると、人体にとってどんな良い影響を及ぼすか、教えていただければと思います。

クレイ(泥)ブランド・CLAYD(クレイド)の代表 羽田賀恵さん正しいお風呂の入り方と効果をインタビュー02

羽田:実は最近、お風呂に入らないという方が増えているらしいのです。理由はさまざまなのですが、忙しくて時間がないとか、面倒臭い、または水道代節約のためなど。でも実は、お風呂って、入るだけで体にいいことが3つあるんです。

松倉:是非、具体的に教えていただきたいです!

● お風呂に入るといい理由:水圧

羽田:はい、まずは水圧です。お風呂って、湯船につかるだけで大きな水圧を全身に受けることができるんです。どのくらいかというとウエストが5cmほど細くなるくらい、推定1トンとも言われています。

そんな水圧が足先や指先までかかることで、全身の血行をぎゅっと巡らせてくれるんです。手先や足先などの末端から、心臓に向かって押し戻された血流が、また心臓から全身に巡る。血行さえ良くなれば、様々な不調の予防ができます。全身を隅から隅までマッサージするのと同じような作用です。

松倉:湯船に浸かると気持ち良くてホッとため息が出てしまいますが、1トン近い水圧がかかっていたとはオドロキです。

● お風呂に入るといい理由:浮力

羽田:次は浮力です。水中では浮力により、空中浮遊しているような状態になりますよね。関節などにかかっている重力の負荷が軽くなり、それによって身体はとてもリラックスします。また身体のみならず心の解放まで無意識に起こっているのです。人間は生まれてくる前に母親の胎内で羊水に包まれていますよね。そのときの守られている安心感を思い出し、落ち着けると言われています。日々、ストレスのリセットを心がけたいですね。

松倉:心までリラックス、確かにちょっとした悩みやモヤモヤはどうでも良くなったりします(笑)。

クレイ(泥)ブランド・CLAYD(クレイド)の代表 羽田賀恵さん正しいお風呂の入り方と効果をインタビュー03

● お風呂に入るといい理由:温浴効果

羽田:そして最後は温浴効果ですね。免疫力アップと、身体を温めて代謝を上げ発汗することで、老廃物などを外へ出してくれる。お風呂には、少し浸かるだけでもいいことがたくさんあるので、ぜひ入って欲しいです。お風呂に入るのがこんなに日々の習慣になっているって、実は世界で日本人くらいなんですね。日本人が昔から健康だったという話がありますが、食生活や気候の他に、お風呂という習慣があることも影響しているのではないかとさえ思います。

お風呂は色々と試して、自分の「心地いい」を見つけることから

● 正しいお風呂の入り方:お風呂の温度や時間の目安

松倉:では、今はお風呂に入る習慣がない方々に、最低限どのくらい入ればいいかなど、目安を教えていただけますか?

クレイ(泥)ブランド・CLAYD(クレイド)の代表 羽田賀恵さん正しいお風呂の入り方と効果をインタビュー04

羽田:それもね、よく聞かれるんですが、私が答えるのが「人によって全然違う」ということ。人それぞれに年齢やライフスタイル、季節や気候、その日のコンディションによって「心地いい」と思うお風呂の温度や時間は変わってきますね。

例えば、熱めが心地いいと思う人がいたり、ぬるめが好きな人がいたり、それぞれに違うので「この温度で!」とは一概に言えません。だから、一番心地いいと思う温度を見つけてほしい。

私の場合は、夏場にぬるめのお風呂に長時間浸かるのが好きなんですが、何が心地よいかは自分の体に聞いてみて欲しい。「決められた用法」にとらわれ過ぎて、自分に何が合うかを考えること自体忘れてしまう人もいます。例えば朝、ちょっと食欲がないのに「でも朝はしっかり食べないといけないと言われているから!」って無理やり食べたり。いつ何をしなくちゃいけないとか、そういうことに振り回されてしまうのは、体が本当に欲していることを、感じられなくなってしまっているのかもしれません。

お風呂も同じように、自分でさまざまな湯加減を試して「あー、これこれ!」と思う湯加減を見つけてみて欲しいです。答えは自分の身体が一番よく知っています。

入る頻度に関しても同じです。本当に忙しいのに「でも必ずお風呂に浸からなきゃ!」って、逆にストレスになったりして。(笑)それよりも、本当に心地よいお風呂を経験すれば、それが楽しみになって、その時間をちゃんと自分で作るようになると思うから。まずは自分にとって心地よいお風呂体験をすることが大事です。

松倉:確かに……、よく40度前後がいいと言われるからその温度で入っていますが、ついつい熱くてすぐ出てしまうんです。私自身も、まずはそこから見直してみようと思いました…。

最後に

正しいお風呂の入り方や効果を学んだ今回。第3回目ではクレイ入浴剤、クレイパックっとして様々な効果をもつCLAYD(クレイド)の働きと、正しく効果的な使い方についてをレクチャーいただきます。


MENU

1.< BRAND STORY > 〝循環、巡りを促す〟クレイ・ブランドCLAYD(クレイド)を今こそ使いたい理由 

2.正しいお風呂の入り方と効果とは?

3.クレイ・ブランドCLAYD(クレイド)の働きと、正しく効果的な使い方



マザーアース・ソリューション株式会社代表取締役 羽田賀恵 羽田賀恵(KAE HADA)

マザーアース・ソリューション株式会社代表取締役。幼い頃からアレルギーに悩まされそれを克服すべく、様々な自然療法を学ぶ。大学を卒業後、大手証券会社の営業企画部にて7年半にわたりマーケティングを学び経験。

その後、1999年から2004年までニューヨークに在住。その間、The Herbal Bear School of Botanical Medicine(NY)にて薬草学(ハーバリスト)の資格を取得。ニュースクール大学 カリナリー・マスターコース にてディプロマ取得。

ローフードレストラン「Quintessence」で「ローフード食事法」「断食法(ファスティング/ジュースクレンズ)」「デトックス法」を学ぶ。シドニー郊外に滞在し「パーマカルチャー」と「自然農」を学ぶ。ハーネマンアカデミーにて ホメオパス ディプロマ取得。ローチョコレート製造販売NamaKissショコラLLCを設立。マザーアース・プロジェクト(株)、マザーアース・ソリューション(株)CLAYD JAPANを設立。

クレイ(泥)の入浴剤、クレイパックのCLAYD(クレイド)の取扱い商品 CLAYD(クレイド)の詳細・購入

WEEK BOOK(30g×7袋/7回分)

ONE TIME(30g×1袋/1回分)


ライター MATSUKURA

ライター MATSUKURA

元ファッション誌エディターで、海外ゴシップ好き。ベースメイクの研究にハマり、さまざまなクリームやファンデーションをあれこれと試す日々。妊娠・出産を機に、インナービューティーへの関心が深まりつつも、模索中。双子(女の子)の母。