カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

【季節のテーマ|乾燥#2】乾燥対策、肌がうるおうと心もうるおう

【季節のテーマ|乾燥#2】乾燥対策、肌がうるおうと心もうるおう

乾燥対策を日常にとけこませるために、「目に入るところに置く」

こんにちは、BEAUTY LIBRARYオンラインの野間です。
乾燥のすすむ秋冬がスタートし、産後の肌変化でますます乾燥を感じるように。
ふとした時に目に入る手もとや、鏡をのぞくときに映る目もと・口もとに年齢が出ている…と実感しています。さらに、同僚へのヒアリングによってケアの必要性を再認識。
仕事や家事、育児にと一日があっという間!という日々の中で、無理をせずにわたしらしく乾燥対策を続けていきたい―そう考えたとき行き着いた答えはとってもシンプルな方法。
「目につくところにケアするアイテムを置いておく」ということでした。
日常を見返してみると、目に映る場所やケアできる隙間時間はいたるところにありました。

前回の記事はこちら【季節のテーマ|乾燥#1】手もと、目もと、口もとの乾燥対策を今年こそ始めたい!

通勤時間のハンドクリームは手袋を使って肌への浸透力UP

まずは、手もとのケアからスタート。
わたしの日常の中でも隙間時間の代表格である「通勤時間」に目をつけました。
手もとのケアをしなくては、とずっとバッグの中にハンドクリームは入れておきましたが、なかなか「塗る」という実際のアクションを起こせずにいました。なぜなら、ハンドクリームを塗った手でスマートフォンやつり革を触ることになんとなく抵抗があったから。
それを解決+αに改革してくれたのは「手袋」です。
美容家の大高博幸氏の書籍で紹介されていたメソッドなのですが、ハンドクリーム+手袋、だけでこんなに手肌が変わるとは!と感激しています。

わたしが選んだのはオーガニックコットンの手袋。バッグの中の定期入れ付近に忍ばせて「ハンドクリーム!」とその存在を思い出せるようにしています。手袋があることで、敬遠しがちだったコックリ油分多めなハンドクリームでも抵抗なく使えるようになりました。

ネイルオイルを塗ってから、ハンドクリームを塗り、手袋をはめます。5分ほどでネイルオイルやハンドクリームは浸透してサラッとした手肌になるので、その後は外しています。

オフィスにいるからこそできる、手肌をキレイにしてからの乾燥対策

次の「目に映る場所」の狙い目はオフィス。
デスクにいることが多いので、ハンドクリームとネイルオイルをデスク上の鏡の横にもセット。
以前は仕事の合間にハンドクリームを塗るのは「ベタベタしてパソコンやマウスをすぐ触れないし…」と思っていましたが、この悩みも手袋を使うことで解決。前述の大高先生の書籍によると、ハンドクリームはしっかりと手肌を洗ってから塗ると効果的、とのこと。
トイレに立った際にしっかりと手洗いをした後に、自席に戻ってハンドクリームを塗布。手袋をサッとはめてお仕事再開、しばらくしたら手袋を外しています。
使用しているのはチャントアチャームのハンドクリームなのですが、塗布するときに天然精油の香りでリフレッシュもできることもうれしいポイント。ふっくらした手肌がキーボードの上で舞うのを見て、なんだかおおらかな気持ちで仕事ができています。

寝る前のひととき、に目もと口もとの肌をしっかり乾燥対策

そして、目もとと口もとのケア。
目もとと口もとの肌はよく動く部位だからこそ、乾燥が進むそう。
目もとに使うアイクリームはしっかり油分が含まれているものが多いので、夜寝る前にケアすることに。
実は以前からアイクリームを持ってはいたのですが、容器のサイズが小さく、なんだか目に入らずにお蔵入りしてしまっていました。「夜寝る前に目に映る場所」を探してアイクリームは洗面台の目に入る位置にセット!わたしの場合は寝る前に最後にする歯みがきのときに目に入れば、と歯ブラシ立て付近がアイクリームの新たな居場所になりました。その結果、寝る前の最後のひとときで目もととほうれい線付近の口もとにアイクリームを塗り続けることができています。

実感、肌がうるおっていると心もうるおう

ふとしたときに目に入る手もとがしっとりしている。
目もとも口もとも、今まで続けられなかったケアができている。
大げさかもしれませんが、そのことはわたしの日常に少しのうるおいを与えてくれています。
手もとがきれいだと「ネイルも新色にしようかな」と次のワクワクを感じられたり、何かに触れるときの手の所作を気にするようになったり。目もとも口もとも、新しいメイクアイテムを試してみようかな、とポジティブな変化を楽しみたい気持ちになってきました。肌の乾燥対策で、日ごろの心の乾燥も対策できたのかもしれません。

続き【季節のテーマ|乾燥#3】見ためヨシ、香りヨシ、効果ヨシ!オーガニックのハンドクリーム&アイクリーム

ナチュラル・オーガニック化粧品使用歴12年、元BEAUTY LIBRARYバイヤー。小田原出身&在住で休日は自然とのふれあいを求めて娘(3歳)とドライブをする日々。手芸や食器、インテリアに幅広く興味がある好奇心旺盛な30代です。
ライター NOMA