カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

ドイツの生理やデリケートゾーンケアにまつわるあれこれ事情

ドイツの生理やデリケートゾーンケアにまつわるあれこれ事情

すべての女性に関わる生理。ドイツでは天然素材を使ったエコな生理用品が多数あったり、デリケートゾーン用品が豊富など、日本とは異なる製品や考え方あります。今回はドイツの生理やデリケートゾーンケア事情についてご紹介します。

ドイツの生理用品事情

結論から言いますと、日本の生理用品は本当に機能がよくクオリティが高いと思います。ドイツに移住して以来、日本の生理用品の素晴らしさを痛感しています。ドイツのものですが…、残念ながら日本で一昔前に使っていたようなクオリティです。 ドラッグストアではメーカーの物やドラッグストアのプライベートブランドの物などがあります。日本のものと同様、化学繊維の物も多いですが、やはりオーガニック製品も見かけます。価格はプライベートブランドの物の方がメーカーの物より若干安く、全体的には日本の生理用品の価格より安い気がします。

天然素材のエコな生理用ナプキン

ドイツの生理用品

オーガニックショップではエコな生理用品が手に入ります。こちらの“Natracare”と”Naty”の2つのオーガニックブランドをよく見かけます。こちらのブランドのナプキンはどちらも身体と環境に考慮された天然素材が使われており、また“プラスティックフリー”、“香料フリー”、“塩素フリー”です!!ちなみに身体にも環境にも優しいので、私はこの2つのブランドを愛用中です。私は敏感肌なのですが、この2つのブランドは肌に優しく、かぶれなどの問題もなく気に入っています!

 ドイツの生理用品

ドイツの生理用品

材料はオーガニックコットンやセルロース、トウモロコシ使用、パッケージももちろんリサイクル紙使用です。

包装もエコなドイツのナプキンとパンティーライナー

ドイツ語でナプキンは「Binden」、パンティーライナーは「Slipeinlagen」といいます。日本ではナプキンやパンティーライナーは一ずつ個包装になっているのが当たり前ですが、こちらでは日本と同様、個包装になっているものと、箱入りでナプキンやパンティーライナーが個包装になっておらず、そのまま重ねられた状態でドサッと入っているものとがあります。はじめて見たときはびっくりしました。持ち運びには少し不便でが、これも過剰包装を減らすエコな考えからきているのかもしれません。

ドイツの生理用品

“Natracare”のパンティーライナー。こんな風に入っています。

タンポン(Tampon)がドイツでは主流に

ドイツの消費税には標準税率19%のものと軽減税率7%のものがあります。7%は日用品向け、19%はぜいたく品向けとなっています。実はタンポンは19%のぜいたく品となっていました。しかし2019年11月ドイツ政府はタンポンなど生理用品の消費税を2020年に現行の19%を7%に削減するとの方針を示しています。ドイツでは長年、女性は生理用品を使わないという選択肢が無いのだから、必需品として軽減税率とみなすべきという議論がなされてきました。

こうした生理用品の消費税削減を求める活動が続けられ、議会でも懸案事項の1つとなっており、署名運動では約20万人が同調していたそうです。これも男女平等論のひとつといえるのでしょう。

さて、そのタンポンですが、ドイツではナプキンよりもタンポンの方が主流なようで、様々なタイプがありバリエーションが豊かです。生理中でもアクティブに過ごせるかがポイントのようです。

例えば”o.b”というメーカーの物ですが経血の量によって分かれていますが、さらに大きく分けて3種類あります。

*棚が空なのは、コロナのロックダウンに伴うハムスターカウフェン(買い溜め)によるものです。現在、商品はきちんと補充されていますのでご安心を

”o.b”というメーカーのタンポン Original
溝をまっすぐではなく斜めに入れることによって漏れを防ぐ工夫がされています。
 
”o.b”というメーカーのタンポン ProComfort
経血を吸収すると先端が膨らむようになっていて体内でよりフィット感が増すようになっています。
 
”o.b”というメーカーのタンポン Flexia Tag+Nacht
Tag:日 Nacht:夜
昼間はもちろん夜にも最適。表面にメッシュのような羽根ものがついていて二重構造になっています。しっかりと吸収してくれます。
 

もう一つの特徴は、日本ではアプリケーター(プラスチック部)付の物が主流ですが、ドイツではアプリケーターがないのが通常です。

経血カップ(シリコンカップ)を使う女性も増えてきた

ヨーロッパでは数年前から「月経カップ」が使う女性が増えドラッグストアでもカラフルな経血カップが目につきます。医療用シリコンや天然ゴムでできた柔らかいカップで、膣内にいれて使います。1回装着すると量にもよりますが8~10時間程度まで使えます。使用後はカップを取り出して、中身を捨てて洗って、また使います。生理が終わったら殺菌しておきます。同じカップを何年も使え、紙ナプキンやタンポンのように使い捨てのものではないので、非常にエコで経済的なものです。

ドイツのシリコンカップ

布ナプキンはこれから人気に?

日本で人気になりつつある布ナプキンですが、ドイツではほとんど見かけません。これから人気になっていくのかもしれません。

ドイツのデリケートゾーンケア事情

ヨーロッパやドイツではデリケートゾーンのケアを行うのは普通で当たり前のことと認識されており、ケア用品が豊富に販売されています。デリケートゾーンはバリア機能を果たしているため、バリアを正常に機能させるpHバランスを弱酸性に保つことが重要です。弱酸性に保てるよう、デリケートゾーンケアのコーナーには、ソープやウエットシート、保湿クリーム、日本で見たことないような商品があります。

ドイツのデリケートゾーンケア品

デリケートゾーン用ソープ&デオドラント

ドイツのデリケートゾーンのソープ 日本でもおなじみのニベア、実はドイツのブランドです。そのニベアからもデリケートゾーン用のソープが販売されています。
 
ドイツのデリケートゾーンのデオドラント ニオイケアにはこちらはデリケートゾーンのデオドラント。ニオイが気になる時には安心ですね。
 

膣内のPh値を測れるキットまでラインナップ

変わったものですとこちら、膣内のPh値を測るキットです!

 
ドイツの>膣内のPh値を測れるキット 中はこんな感じです。
ドイツの>膣内のPh値を測れるキット ざっくりとしたイラストですが、詳細の説明書も箱の中に入っています。
  
ドイツの>膣内のPh値を測れるキット プラスチックのスティックが入っていて、これを腟に入れてpH値をチェックします。袋に書いてある色を参照しpH値を確認します。左の黄色(4.0~4.5)がノーマル値、弱酸性で健康な状態です。反対に右にいけばいくほどアルカリ性になっているということです。手軽にチェックできますね。
  

ドイツの生理痛事情

ドイツの>膣内のPh値を測れるキット ドイツでも生理痛は女性の悩みのひとつ。こんなカイロのようなものも売っています。保温時間は12時間です。
 

ドイツではやはり生理痛にもハーブティー

毎回ご紹介していますが、やはりハーブティーも多く飲まれています。女性に適したブレンドハーブティーもスーパーやドラッグストア、オーガニックショップで手に入ります。私のお気に入りはこちら、“PUKKA”の″frauenglück(女性の幸せ)″(英国ブランド)。ウィメンズケアによいカモミールやローズ、リコリス等が入っています。なかでも16%入っている”シャタバリ“はインドのアーユルヴェーダでは重要なハーブの1つで、女性の強壮剤のような働きをしてくれます。

ドイツの>膣内のPh値を測れるキット

それでも辛い場合は薬を飲むことが多いそうです。余談ですが、ドイツではティーンの頃からの婦人科に定期的に見てもらうのはごく当たり前のこと。大体半年に一回ほどのペースで行く人が多く、生理痛など気になることがあったらその都度お医者さんに相談しピルなどを処方してもらっているそうです。

ドイツでは生理休暇は存在しない

ドイツには日本のように生理休暇というものは存在しません。“生理の悩み”=“女性の弱み”という考えがあり、“生理が辛い”という話をすると、自分の弱みをアピールすることになってしまい、女性の社会進出にとって不利になってしまうという風潮があるようです。

最後に

この取材をした際には、世界的なコロナウイルスの影響で、ドイツもロックダウンとなった直後でした。普段は冷静なドイツ人ですが、一時は買い溜め(ハムスターカウフェン:ハムスター買い)でトイレットペーパーなどの日用品、パスタやお米などが店頭から消えてしまいました。生理用品もその一つでした。

しかし数日後にはきちんと補充されているからか、みんなが冷静さを取り戻したのか、店頭に並ぶようになりました。お店から生理用品がなくなった際には、生理のある女性にとって生理用品は切り離せないものだと感じました。個人的にはこういった非常時にシリコンカップを持っていると安心な上、エコなのでぜひトライしてみようと思っています!

現在は、レストランやカフェなどの飲食店(テイクアウトとデリバリーのみ可)はもちろん、スーパーやドラッグストア以外のほとんどのお店しまっており、外出にも制限があるため街は人気が本当に少なくなっておりとても静かです。いろいろな不安や不便さがありますが、静かにおうちの中で過ごす時間は貴重だと感じています。ネガティブに考えてしまいがちですが、この状況をポジティブに気持ちを切り替え、大切に過ごしていけたらと思います。



yogaティーチャー MIKA ライター
ライター MIKA

ベルリン在住3年のヨガティーチャー。ヨガ歴15年、日本でのヨガティーチャー歴9年を経て、ベルリンでもスタジオやオフィス等でヨガを教えている。環境や健康を考え、ゆるく楽しみながらベジタリアン&オーガニックなライフスタイルを取り入れている。趣味は地図を眺めて旅行を妄想する事。ベルリン移住後は大好きな旅行を絶賛満喫中。

生理・デリケートゾーン関連記事

生理のかぶれはなぜ起きる? 生理用ナプキン選びとデリケートゾーンケアを見直そう! 生理の痛みを和らげる 優しくナチュラルなセルフケア5つの方法
生理のかぶれはなぜ起きる? 生理用ナプキン選びとデリケートゾーンケアを見直そう! 生理の痛みを和らげる 優しくナチュラルなセルフケア5つの方法
意識改革!デリケートゾーンケアが女性に必要な理由「アンティームオーガニック」BRAND STORY
新常識に!生理用ナプキンはオーガニックコットンが心地良い「sisi FILLE(シシフィーユ)」BRAND STORY 意識改革!デリケートゾーンケアが女性に必要な理由「アンティームオーガニック」BRAND STORY
ドリラックスにも!生理痛緩和に効果的で簡単なヨガのポーズ ドイツの生理やデリケートゾーンケアにまつわるあれこれ事情
リラックスにも!生理痛緩和に効果的で簡単なヨガのポーズ ドイツの生理やデリケートゾーンケアにまつわるあれこれ事情
生理痛に効くツボ!セラピストに聞く生理痛セフルケアメソッド
生理痛に効くツボ!セラピストに聞く生理痛セフルケアメソッド