カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

ちょっとした風邪も、インフルエンザも。免疫力にハーブでアプローチ!

ちょっとした風邪も、インフルエンザも。免疫力にハーブでアプローチ!

風邪のひき始めに始めた新習慣は、ハーブを取り入れること

こんにちは、BEAUTY LIBRARYオンラインの野間です。
季節の変わり目や疲れがたまってしまったとき、「そろそろ風邪をひきそう」と嫌な予感がすることがありますよね。
わたくしごとですが、最近はさらに小さな風邪をこまめにひきやすくなった気が…。
どうやら、加齢とともに免疫力は下がるものだそうです。
風邪やインフルエンザの予防には、手洗い・うがい・マスクをする、などの基本的な習慣が大切、とよく耳にしますが、わたしが4年前から加えたのが、風邪のひきはじめに「エキナセア」というハーブを摂ること。
エキナセアを生活の中に取り入れるようになってから、思いっきり体調を崩す、ということが少なくなったと実感しています。

歴史あるハーブ「エキナセア」のストーリー

エキナセアは、北アメリカ原産のキク科の植物。
7~10月に花を付けますが、花の中央がクリのイガのようにこんもりと盛り上がり、その周りを細い花びらが囲うかわいらしい見た目を持っています。
アメリカ先住民であるインディアンが感染症の治療や歯や喉の痛み、傷の治癒や皮膚トラブルのケアのために使っていたという歴史のあるハーブだそうです。
また、感染症を抑える働きをする白血球の生産を促し、免疫機構を向上させる効能も。
(出典:ハーブ大全)

じつは、ネイチャーズウェイの自社農園でも無農薬栽培をしているエキナセア。
肌への有効性も非常に高く、「ハーブは薬草である」ということを外用でも内用でも感じさせてくれる、ハーブの顔ともいえる植物です。

わたしが愛用している「エキナセア」のアイテムは…

エキナセアは、ハーブティーやチンキ、カプセル状のサプリメントが市販されていますが、わたしが愛用しているのは、PUKKAエルダーベリー&エキナセア有機ハーブティーとエクレクティックのオーガニックエキナセアのチンキ「プレミアムエキナシア」。
両方とも、身体がほしがっているな、と感じたそのタイミングで飲用しています。

PUKKAエルダーベリー&エキナセア有機ハーブティーは甘草(リコリス)をベースにエキナセアとベリーがブレンドされていて、とても飲みやすいのがお気に入り。自宅にもオフィスにも、必ず1箱常備してリフレッシュも兼ねておいしく飲んでいます。
(なんとなく元気がない人にスッとおすそ分けしています)

そして、エクレクティックのエキナセアチンキはいつもの調子が出ないときに、コップ半分のお水に適量垂らして飲用。健康をサポートするアイテムとして愛用しています。とても飲みやすいので苦い風邪薬が苦手なわたしにはピッタリです。

これから取り入れたい、エキナセア配合のアイテムは「喉スプレー」

エキナセアは風邪のひき始めに飲む!一辺倒でしたが、BEAUTY LIBRARYのスタッフからもう一つおススメのアイテムがありますよ、と教えてもらいました。
それは、カナダのオーガニックサプリメントのパイオニアブランド、ノバスコシアオーガニックスの「エキナセア&プロポリススプレー」。
種類の異なる3種のエキナセアの根と花のエキスと、抗菌作用のあるプロポリスがブレンドされているので、喉のイガイガが気になる、というタイミングで手軽にシュッとひと吹きできるアイテムです。
2歳以上のお子さまから使用が可能なので、家族で使えるのもうれしいポイント。試しに店頭でシュッ!としてみたところ、味もおいしく、これなら娘にも喜んで使ってもらえるのでは…。今年の冬は、エキナセア&プロポリススプレーをポーチに入れてお出かけ、が定番のスタイルになりそうです。



ナチュラル・オーガニック化粧品使用歴12年、元BEAUTY LIBRARYバイヤー。小田原出身&在住で休日は自然とのふれあいを求めて娘(3歳)とドライブをする日々。手芸や食器、インテリアに幅広く興味がある好奇心旺盛な30代です。
ライター NOMA