カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

【更新】ナチュラルコスメ・オーガニックコスメとは

【更新】ナチュラルコスメ・オーガニックコスメとは

ナチュラルコスメやオーガニックコスメって肌に良さそうだけど、実際は分かりにくいと感じている方の多いのではないでしょうか?ナチュラルコスメ、オーガニックコスメの基本知識からその選び方、オーガニック認定機関についてもご紹介していきます。

■MENU

  1. ナチュラルコスメとは
  2. オーガニックコスメとは
  3. ナチュラルコスメの選び方
  4. オーガニックコスメの選び方
  5. オーガニック認証機関について


1、ナチュラルコスメとは

ナチュラルコスメとは、植物や動物を含み、自然由来の原材料を用いて作られているコスメ(化粧品)のことをいいます。植物由来の植物エキスや精油をはじめ、鉱物や蜜蝋(ミツロウ)などのワックスなども含みます。

2、オーガニックコスメとは

オーガニックコスメとは、有機栽培で育てられた植物由来の原材料を用いて作られているコスメ(化粧品)のことをいいます。第三者機関のオーガニック認定を受けたコスメをオーガニックコスメと呼ぶことができます。海外では、オーガニック認定の第三者機関があり、例として、原料が栽培されている土壌や製造に関連する環境への配慮、製品の95%以上がオーガニック認定成分でなければならないなどという厳しい基準を設けています。

これらのオーガニック認定機関の認証を受けている製品をオーガニックコスメと呼ぶことができます。しかしながら、日本にはオーガニックコスメの認定をする機関がないため、現状では各ブランドの判断でオーガニックコスメをうたっています。

3、ナチュラルコスメの選び方

ナチュラルコスメとは、植物由来などの天然由来成分を用いて作られているコスメのことですが、 明確な基準がないため、化学的な成分が含まれていても、ナチュラルコスメとうたえてしまいます。 そのため、ナチュラルコスメの選び方として参考になる項目をご紹介します。


  1. 天然由来成分100%、自然由来成分100%などの配合量を確認する。
  2. 配合成分を確認する。
  3. 海外のオーガニック認証で基準に採用されている使用不可成分を使用していないかを確認する。
    • 石油系界面活性剤
    • 鉱物油
    • タール系色素
    • 合成香料
    • パラベン
    • シリコン
    • 紫外線吸収剤
  4. 製造元やブランドのナチュラル・オーガニックに対するポリシーを確認する。

※天然由来、植物由来成分が高配合でも、使用しているエキスや精油の種類によって、肌に合わないこともあるためしっかり成分を確認することも大切です。

4、オーガニックコスメの選び方

オーガニックコスメの選び方でもっともわかりやすいのは、海外で認定されているオーガニック認定機関のマークがある商品を選択することです。 日本には、オーガニック認定機関がありません。しかし、食品に対しての認証、有機JAS認証を受けた土壌で育てられた植物を使用している製品を選ぶことも ひとつに基準と考えることができます。 有機JAS認証とは、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された食品を表しており、農産物、加工食品、飼料及び畜産物に付けられています。

5、オーガニック認証機関について

オーガニックコスメの認定の主な機関をご紹介します。

NATRUE ナチュラル・オーガニック化粧品認証

NATRUE(ネイトゥルー) | ナチュラル・オーガニック化粧品認証

ナチュラル・オーガニック化粧品に関する厳格な基準の維持を目的としたベルギー・ブリュッセルにある国際的非営利団。自然の美しさを守り、そこから生まれる高品質のスキンケア製品の認知を促進するという目標を持っています。配合されている自然原料(場合によっては準自然原料)のうち70%以上がオーガニック(有機栽培もしくは検査された野生採集)でなければならない、石油系原料(パラフィン、PEG、プロピル系、アルキル系、その他の石油誘導体等)は含まないなど、認証基準・プロセス等、あらゆる情報は一般に公開され、公正な第三者認証機関によって審査が行われています。


BDIH オーガニック化粧品認定"

BDIH(ビーディアイエイチ) | オーガニック化粧品認定

ナチュラルコスメに特化した2000年にドイツで発足した化粧品医薬品商工連盟(BDIH)が母体の認証。可能な限り有機栽培の植物、または農薬の影響を受けない野生群生の植物からの原料の植物由来の原料を使用することを定めています。合成着色料・合成香料・シリコン・パラフィン・その他石油製品を使用しないこと、フェアトレードを推進すること、動物実験をしないこと、リサイクル容器を使用することなど、厳しい基準があります。


USDA Organic オーガニック認証

USDA Organic(ユーエスディーエー オーガニック) | オーガニック認証

日本の農林水産省にあたる米国農務省(United States Department of Agriculture)が定める、オーガニック認証。 作物を栽培する土壌では農薬や化学肥料などの禁止物質を3年以上使用しないことなど、厳しい基準を持つ。