カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

【INTERVIEW】いつでもご機嫌な肌でいるために、セラピストがしている3つのこと。

【INTERVIEW】いつでもご機嫌な肌でいるために、セラピストがしている3つのこと。

肌荒れとは無縁のピカピカ肌の持ち主、寺本さん

エステサロン専用のナチュラルスキンケアブランド「BIOLAB(バイオラブ)」のプロモーターとして、サロンスタッフ向けに製品の特徴や使い方のレクチャーなどをしている寺本さん。頼れる人柄と華やかな笑顔でいつも周りを明るくしてくれる寺本さんは、誰もがうらやむピカピカ肌の持ち主です。どんなケアをしているの? ピカピカ肌をキープするコツは? 気になるアレコレを聞いてみました。

スキンケアは歳を重ねて変化していくもの

――普段のスキンケアの手順を教えてください。

朝晩共にクレンジング、化粧水、美容液、クリーム、で完了です。朝は寝ている間に出た皮脂や余分なホコリなどがついてるので、肌に栄養を入れるための準備が必要。だから朝もクレンジングをします。「今日はこんなメイクがしたいな」「今日の洋服なら肌をワントーン上げたいな」と思ったらパックもします。肌のゆらぎを感じたら、パックの種類を変えたり角質ケアをしたりもしますよ。
20代までは単純に「こういう肌になりたいから」という思いでケアしていたのが、30代は「こういうトラブルが起きないように」と、肌を守る目的でケアすることが増えたなと思いますね。

――化粧品を選ぶときに気にしていることは?

“このアイテムを使うことで自分の肌がどうなるか”というのが明確にわかりやすいものが好きです。営業の仕事も兼ねているので、サロンの方から「なんでそんなにお肌がピカピカなんですか?」と聞かれたときに「このアイテムを使っているからですよ」と答えられれば一番いいし、「私の肌にはどんな組み合わせが合いますか?」と聞かれたときにもちゃんと答えられるようにしたい。だから、いろんなスキンケアを試して常に自分の肌で実験しているような気持ちですね。
スキンケアってずっと同じラインナップでOKということはなくて、常に肌や気分、ライフスタイルに合わせて変わっていくものだと思います。

――自分に合うスキンケアを見つけるコツは?

化粧品の足し算引き算を自分の中でできるようにしておくといいですね。たとえば、肌がテカっているからさっぱり系の化粧品を使う人って多いんですけど、テカっているということは水分が足りていない場合が多くて、本来はきちんと保湿をしなければいけない。それなのに殺菌効果の強いさっぱり系の化粧品を使って余計に乾燥させているので逆効果なんです。ニキビができたからといってスポッツケアを一生懸命している人も、もしリンパの詰まりが原因ならあまり効果は望めません。ゆっくり入浴して体を温めたり、リンパを流したりすることでニキビが改善こともあります。
どんな原因でお肌のトラブルが起きているか、自分で判断するのは難しいですよね。ですから、ショップやサロンでスタッフと相談して、プロの意見をもらうのが一番効果的だと思います。それで解決すれば、次に同じトラブルが起こっても自分で対処できるようになりますから。自分の肌を理解してきちんと予防できていれば、トラブルが起こることもなくなると思います。

ストレスとうまく付き合ってピカピカ肌に

――寺本さんはピカピカ肌をキープするために、食事などにも気をつけているのでしょうか?

私は面倒くさがりな人間なので、食べ物はまったく気を遣っていないです(笑)。食事に気を遣うよりは肌のケアをする方が楽しくて結果が目に見えやすいので。私のようなズボラさんでもできることは、一年中日焼け止めを塗ること。紫外線はコラーゲンを壊すので、シワやたるみにつながります。家を出ない日も窓から紫外線が入って来るので、きちんと日焼け止めを塗るのが大切です。あとは睡眠も大事。寝始めの3時間に成長ホルモンが出て、代謝の促進や細胞の修復をしてくれます。どれだけいい化粧品を使って食事に気をつけていても、自分の本来持っている力が働かないと効果が出なくなってしまうし、睡眠時間が短いと疲れが取れずクマが出たりしてしまいます。ズボラさんは、とにかくしっかり寝ましょう!

――他に気をつけていることはありますか?

心身のストレスはお肌に出やすいので、うまく付き合っていくこと。疲れていたり気分が落ち込んでいたりするときも、意識して口角を上げるようにしています。脳は騙されやすいので、口角を上げると「楽しい」と勘違いして、精神を安定させるセロトニンを出すといわれているんです。朝起きたくないときでも、顔のストレッチだと思って10秒ぐらい口角をニーッと上げるとすっきり起きられます。日ごろから笑顔でいる方が、周りからステキに見られますしね(笑)。

――ピカピカ肌を作るためには、スキンケアもストレスケアも大切なんですね。

そうですね、心身のストレスはまず顔に出ますから。「皮脳同根(ひのうどうこん)」という言葉を知っていますか? “皮膚と脳は根っこでつながっている”という意味なんです。脳のストレスや身体的な疲れが溜まっていると、むくみや皮脂の過剰分泌など肌への影響が出やすくなります。スキンケアも「この化粧品欲しくないのに、無理に勧められて買っちゃった」「香りがあんまり好きじゃないな」と思っていると、ケアをしていても楽しくないし、肌にも良い影響がありません。「自分のお金で高い化粧品が買えるなんて、仕事頑張ったな」「かわいいパッケージだな」と考えながらスキンケアをすれば、気持ちが明るくなってピカピカ肌につながると思うんです。だから、使っていて気分が上がるアイテムを選ぶことも大切ですね。
化粧品の効果を高めるのは、自分の気持ち次第。喜びを感じながらスキンケアもメイクも楽しめると、人生がより華やぐんじゃないかなと思います。

寺本さんのおすすめスキンケアアイテム

◆バイオラブ「デマキャン エクラ」

余分な皮脂や汚れをやさしくケア

「朝も夜も使えるクレンジングミルク。普通の洗顔と同様に、赤ちゃんを触るようにやさしく肌に触れて使ってください。肌は傷つきやすいので、摩擦が強すぎると角質層がはがれてしまいます。指と肌の間に化粧品が一膜あるのを感じられるぐらい、クレンジングミルクをたっぷり使って。洗い流して顔を拭くときも、ゴシゴシ擦らずにタオルで抑えるように拭き取りましょう。私は最近手ぬぐいかハンカチを使っています。織り目がきれいなので肌が傷つかず、おすすめです」

BIOLAB デマキャン エクラをBEAUTY LIBRARYオンラインストアでチェック!



◆バイオラブ「マスク イドラタン ヌリサン」

BIOLAB マスク イドラタン ヌリサンをBEAUTY LIBRARYオンラインストアでチェック!

ピカピカ肌に欠かせない“勝負パック”

「私の肌にはこれがマスト! 朝起きて顔に載せておけば肌をレスキューしてくれるので、週に3回は使っています。保湿効果や美白効果で小じわ、乾燥、毛穴の開きなどを防いで、柔らかくキメの整った肌にしてくれるクリームタイプのパックです。メイクのノリも良くなって、ここぞというときの勝負パックとして『合コンパック』なんて呼ぶ人もいます。肌がきれいだと男性からも女性からも好感を持たれるので、いつでも勝負できる状態にしておきたいですね」

毎日のスキンケアと明るい笑顔でピカピカ肌に

終始明るく、カラッとした気持ちのいい笑顔でお話を聞かせてくれた寺本さん。「特別なことはしていない」と言いながらも、自然とお肌のために良い習慣を取り入れているのが印象的でした。ズボラさんでもできる毎日のスキンケアと明るい笑顔を心がけていれば、寺本さんのようなピカピカお肌を手に入れられるかも?



ライター HAGA

ライター HAGA

”人”にフォーカスしたインタビューが得意です。好きなものはお酒とパンダとヒノキの香り。最近の日課はラジオを聴くこと。家事が捗ります。