カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

【INTERVIEW】私とオーガニック ー私がナチュラル・オーガニックを愛する理由ー vol.2 WELEDAトレーナー 大石めぐ美

【INTERVIEW】私とオーガニック ー私がナチュラル・オーガニックを愛する理由ー vol.2 WELEDAトレーナー 大石めぐ美

ヴェレダ トリートメント&ショップ 横浜ベイクォーター店の店長および施術トレーナーを務める大石さん。仕事や家事・育児にと毎日忙しく過ごす中で、オーガニックコスメを使ったリフレッシュに助けられているといいます。「以前はオーガニックとは無縁の生活を送っていました」という大石さんは、どのようにオーガニックコスメを取り入れていくようになったのでしょうか。

オーガニックコスメは私のお守り

――大石さんがオーガニックコスメと出会ったきっかけを教えてください。

大石さん:(以下、敬称略)
アパレルの仕事をしていた20代の頃、友達に誘われてオイルマッサージを受けに行ったことがありました。当時仕事が忙しくてとても疲れていた時期でしたが、すごく癒されて、人に体をゆだねる心地よさを知りました。その頃、ちょうど転職を考えていた時期だったこともあり、セラピストの勉強を始めることにしたんです。セラピストスクールに参加したときに、たまたまヴェレダのオイルを使ったハンドマッサージの体験授業があって、それがオーガニックコスメに出会ったきっかけですね。

――ヴェレダのオイルを初めて使ったときはどんな風に感じましたか?

大石:
それまでオーガニックのオイルって使ったことがなかったんですが、ヴェレダのオイルを初めて塗ったときのやわらかさと、とにかく香りがとても良かったですね。自分の印象にずっと残る香りと、肌に塗ったときの心地よさに感動して、そのままセラピストスクールに入学しました。スクールを卒業してご縁があって、今の仕事に繋がっています。

――実際ヴェレダで働くようになって、どんな印象を持つようになりましたか?

大石:
改めて感動しました。ブランドのバックグラウンドが医薬品から始まっているので、嘘偽りがない。ずっと生活に寄り添うオーガニックブランドだなと感じています。自分にとってはお守りみたいなものですね。肌にやさしくて、普段からいろんな刺激やストレスを周りから受けているわたしにとって、オーガニックを身にまとうことはとても心地よく、「癒し」そのものです。“本物”を生活の隙間でも取り入れられるということもパワーになっています。
ケミカルのものが悪いわけではありませんが、一時的な効果でパッと輝けても、それは本当の美しさではないですよね。年齢などのステージに合わせた本来の自分の美しさというのは、積み重ねで作られていくもの。私の中では、オーガニックコスメなどを使うことは本来の自分の輝きを引き出してくれることだと思っています。

オーガニックコスメを生活の一部として上手に取り入れる

――普段のお手入れではオーガニックコスメをどのように取り入れているのでしょうか?

大石:
職業柄ということもあるのですが、洗顔料やシャンプーもオーガニックですし、お風呂から上がる前にオーガニックのボディオイルを全身に塗って、オイルを肌に吸収させてからお風呂を出るようにしています。朝も時間があればボディクリームなどで保湿して肌にツヤが出るようにしています。

――毎日の生活の中で積極的に取り入れているんですね。

大石:
毎日忙しくして時間に余裕もない、その中でどう気持ちや身体の疲れをリセットするかと考えたときに、自分の生活の一部として取り入れるしかないなと思ったんです。お風呂を出てからゆっくりケアをする時間はないので、お風呂から出る前にオイルを塗ると、香りで癒されて浴室から出るときにはリセットされている。そういった脳がリラックスする時間がほんの少しでもあるだけで、日々の生活も変わってきますよ。


――気分によって香りを選ぶことも多いのでしょうか。

大石:
はい、その時々によって変えています。私の場合は<体か疲れているとき>と<心が疲れているとき>の大きく2つ。オイルを2、3種類用意しているので、そのときの自分の状態によって使い分けています。購入するときも香り重視。直感で良いと思ったら購入しますし、パッケージを見て、原材料ができるだけシンプルなものを選ぶようにしています。混ぜ物がより少ない方が安心して使えるので。

――オーガニックコスメを取り入れる生活が体に染みついているんですね。

大石:
そうですね。私にとってオーガニックコスメは、自分を取り戻し、リズムを取り戻してくれるエッセンスのようなものです。

年齢を重ねて“本物”を求める人に使ってほしい

――いろいろなお悩みを抱えたお客様が来店されると思います。接客するときに大石さんが意識していることはありますか?

大石:
その方が無理なくオーガニックコスメを取り入れられるように、表面的なお悩みはもちろん、根本的な問題の改善への道筋を作るには、ということは常に意識しています。先ほどお話したように、毎日忙しくて夜もゆっくりできない中でも、短時間でできる自分のメソッドをお伝えして、オーガニックコスメを「ちゃんと使わなきゃいけないもの」だと思っていた方に「生活の一部として取り入れられるんだな」と思ってもらえればうれしいですね。無理してオーガニックコスメを取り入れていただきたいわけではないので、その方のライフスタイルに合うようにいろいろなご提案をします。

――オイル以外にも取り入れやすいオーガニックコスメはありますか?

大石:
体にオイルを塗るのが大変だったら、歯磨き粉にオーガニックのものを使うのもいいですね。歯磨きは毎日することですから。スキンケアなどは、お子さまがいらっしゃる方だったら、自分用・子ども用と使い分けるのは難しいので、生後1、2年の間はお子さまと一緒に使ってしっかりスキンケアができるようなものをおすすめしています。髪をとかす前のヘアトニック、オーガニックのハーブティーなども取り入れやすいですね。使っているほんのひとときでも癒されますし、安心感を得られると思います。


――オーガニックコスメをどんな方に使ってほしいですか?

大石:
ずばり、“本物”を求めている人、ですね。“本物”というのは、“ブランドとしての価値があるもの”という意味で、一時の流行ではなくずっと続けられるものを求めている人に合うと思います。ヴェレダは年齢のステージに合わせた製品作りがされているので、どの年代の方にも合うアイテムがあるんです。私はこの仕事を始めて10年以上になりますが、自分の人生と共に歩んでいけるものに出会えたなと思っています。自分を大切にしたい人、自分と向き合いたい人、若い頃は「化粧品なんて何でもいいや」と思っていたけど年齢を重ねて考えが変わってきた人、そして変わるきっかけが欲しい人にぜひ使っていただきたいですね。

大石さんのおすすめナチュラル&オーガニックコスメ

◆ヴェレダ ざくろモイスチャーローション

ヴェレダ ざくろモイスチャーローション 詳細・購入

うるおいと香りに癒される

「エイジングサイン※が気になる、年齢を重ねて乾燥に悩む方におすすめの、大人の肌のための高保湿化粧水です。香りもフルーティーで癒されます。塗るだけでスッと肌になじみ、しっとり感や肌のツヤ感がすきなので手放せません!」
※乾燥、ハリ・ツヤ不足


◆ヴェレダ オーガニック ヘアトニック

ヴェレダ オーガニック ヘアトニック 詳細・購入

乾燥肌にもベタつき肌にも使える頭皮の化粧水

「ヴェレダの創業当時、つまり100年以上前と同じレシピのまま続いているヘアトニック。うるおいをあたえることで朝の寝ぐせ直しに使用しているほか、夫も毎日のお手入れにに取り入れています。頭皮の皮脂分泌のバランスを整えてくれるので、乾燥している人にもべたつきが気になる人にも、頭皮の化粧水として使っていただきたいです」


◆ヴェレダ ラベンダー ナイトオイル

ヴェレダ ラベンダー ナイトオイル 詳細・購入

ラベンダーの香りでリセット&リラックス

「ラベンダーの精油がたっぷり配合された、100%植物成分のオイルです。気分転換したいときにこめかみに塗ったり、寝る前に胸のところに塗ったりと日常的に愛用しています。ポーチに入るちょうどいい大きさなので、旅行先などに持って行ってリラックスしたいときに使うのもいいですね。ラベンダーは就寝前に使うイメージがあるかもしれませんが、日中に気持ちをリセットしたいときなど、いつでも取り入れていただける香りです。」


忙しい日々を過ごす人にこそ、オーガニックコスメを

乾燥が気になる季節にも関わらず、うらやましいほどハリ・ツヤのあるお肌でインタビューに答えてくれた大石さん。さぞかしケアにはしっかり時間をかけているのでは? と思いきや、ワーキングママとして忙しく働く日々の中で、オーガニックコスメを上手に取り入れていることがわかりました。わずかな時間でも香りや使い心地で癒してくれるオーガニックコスメは、忙しい日々を過ごしている人にこそ必要なものなのかもしれません。



ライター HAGA

ライター HAGA

”人”にフォーカスしたインタビューが得意です。好きなものはお酒とパンダとヒノキの香り。最近の日課はラジオを聴くこと。家事が捗ります。