カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

SPECIAL INTERVIEW-SHIGETA主宰 CHICO SHIGETA氏ー

SPECIAL INTERVIEW-SHIGETA主宰 CHICO SHIGETA氏ー

女性として、母親としてー子供たちの「未来」と私たちの「今」について考える

15年以上にわたりパリ生まれのオーガニックスキンケアブランド「SHIGETA(シゲタ)」を主宰しながら、ホリスティックビューティーコンサルタントとして、世界を駆けまわって活躍しているCHICO SHIGETAさん。ご実家が美容サロンだったことで物心つく前から美容の世界に触れ、ご両親による美容の英才教育により5歳でマッサージを実践、10歳のときにはウィッグとカーラーセットが部屋に揃っていたと言います。そんな恵まれた環境を離れ、20代でパリに移住。女性の美しさについて、内側と外側の両方からアプローチするビューティーメソッドを探求し、今も美容業界の最前線で光り輝くCHICOさんは、プライベートでは二児の母でもあります。昨年の5月にはオーガニックの魅力やホリスティックなライフスタイル、毎日を楽しく過ごすためのセルフケアメソッドを展開する実践的ウェブマガジン「Spring Step(スプリング ステップ)」を始動するなど、母になって一層パワフルに動き回るCHICOさんから、子育てをしている人もそうでない人も、日々の生活で疲れた心をエネルギッシュに奮い立たせてくれるメッセージをいただきました。

現在、パリを離れご家族でタイに住んでいるというCHICOさんは、インタビュー当日、早朝の飛行機で日本に入り、そのまま取材場所となるショップへお越しくださいました。イタリア製の真っ赤なハイヒールで颯爽と現れ、フライトの疲れを微塵も感じさせない笑顔にスタッフ一同驚きつつ、早速、インタビュースタートです!

美容の英才教育を受けて育った幼少期

―子供の頃から、ご両親が美容サロンで働く姿を見て育ったCHICOさんですが、当時印象的だった出来事や、影響を受けたことについて教えて下さい。

CHICOさん(以下、敬称略):うちはお客さまが最優先でその次にサロンで働くスタッフたち、そして家族であり次女の私はもはや一番下という環境でした(笑)。そんな不思議なヒエラルキーの中で当時の私の役割は、スタッフと家族の料理を作ることだったの。学校の部活が終わった後に買い出しへ行き、17人分くらいの夕食と朝食を普段から作っていました。その経験は20代、パリでアロマセラピーと植物療法の先生のところに住み込んで学んでいたとき、同じようにそこに集う人々の食事を作ることが習慣だったのでとても役に立ちました。他にも子供時代はどんなに忙しくても誰かしら、お姉さんやお兄さんが遊んでくれたり、親が働く姿を間近で見れたことも良かったと思います。学校が早く終わった日は、母が参加する講習会へ同行して教室の片隅でウィッグにカーラーを巻いたり、そんな生活が当たり前のように感じていたし、馴染んでましたね。手が柔らかい子供のうちからマッサージを教えてもらったり、手の使い方を教えられて。本当に美容の英才教育だったと思います。

CHIOCOさんが子育てで一番大切にしていること

―ではそんなCHICOさんがお子さんを産んだ今、育児で一番大切にしていることとはどんなことですか?

CHICO:うちには2歳半になる双子の女の子がいるんですが、子供ってそもそも、とてもピュアですよね。喜びしかなくて、自分を無敵だと思ってるじゃないですか。だから、その気持ちをずっと持ち続けてもらいたいと思っています。そのためには、親である自分の価値基準を押し付けないこと、そして好奇心を伸ばしていくこと。大人として、親として、つい自分の中にあるものをベースに物事を考えてしまいがちだけど、常識なんてどんどん変わっていくものですから。だから彼女たちが自分の倫理で判断することが大事だと思う。あとは一緒にどれだけ楽しい時間を過ごせるか。自分も含めて、一生夢があるって大事なことだと思うから、無敵だと思っている今のまま、先へ先へと夢を持って、ポジティブでいてほしい。 実際に自分が子供を産んで感じたのは、親が出来ることって子供たちのピュアな部分を守りながら、食事とかのお世話することくらいなんですよね。これからを生きるのも、いろんなことを選んで学ぶのも子供たち自身なんですよ、だから私たち親は、一緒に学びながら遊んで楽しむだけかな(笑)。

ライフスタイルの中にある「オーガニック」なもの

―海外で生活されているCHICOさんは、ご家族と具体的にどんなライフスタイルを送っているんでしょうか? オーガニックなものやナチュラルなものは、どのくらい取り入れていますか?

CHICO:うちでは購入する食材のほとんどオーガニックなので、子供たちに関してあとはおやつの時間にはお菓子をあげる代わりに、フルーツにしていることでしょうか? 週に一回だけ、日曜日の朝はパンケーキを焼くんですけど、子供たちはそれを楽しみにしています(笑)。環境に関しては子育てについて夫と話し合った時、二人とも「裸足がいいよね」という意見で一致したので、フランスでの出産後、子供たちが裸足で過ごせるタイの山に移住しました。もう学校へ行く以外はすべて裸足ですよ、それで毎日トランポリンしたり泳いだり、とにかく身体をたくさん使うことで脳を活性化させています。今の時期は何かを教えるというより、身体を使わせることでその子の本来持っているもの、本質を引き出せると思うから。それができればそのあとは、そこを伸ばすだけでいい。だから今、娘たちはかなりワイルドに育っています(笑)。

CHICOさんの見つめる未来とは?

―少し聞いただけでも素敵な環境ですね、東京では子供たちを自然に触れさせるとしたら、遠出しなくてはいけなかったり、オーガニックな食品も海外ほど普及していなかったりします。さまざまな国を見てこられたCHICOさんが考える、私たち大人が今、子供たちのためにできることとはどんなことだと思いますか?

CHICO:子供たちはこれからの未来を創っていく存在ですよね。だから子供たちのために、昨年「Spring Step(スプリング ステップ)」というウェブマガジンを立ち上げました。この構想は娘たちがお腹の中にいる時に思いついたんです。 これまではシゲタのプロダクトを通してオーガニックの魅力や価値を発信してきたつもりだったんですが、それだけではうまく伝わらなかった。だから自分たちが本当に正しいと思うことだけを発信するウェブメディアを作ってしまおうと。そしてこれからを担う子供たちが、この媒体から知識や情報を得て、それを武器にして欲しいと思いました。記事のピュアネスを守るために、広告は一切入れていません。あとはシゲタを知らない人でも、何かのきっかけで「Spring Step(スプリング ステップ)」を見てオーガニックやホリスティックビューティーのことを知ってくれればいいなという狙いもあります。

―立ち上げて1年以上が経ちますが、どんな反響がありましたか?

CHICO:やっぱり食物や精油を使ったセルフケアメソッドなどを紹介している「DICTIONARY(ディクショナリー)」を活用してくれる方が多いのは嬉しいですね。あと「Ask Caroline!(アスク カロリーヌ)」と言って、セルフデベロップメントの資格を持っていて、風水の知識もあるカウンセラーの先生への質問企画があるんですけど、それも読者人気が高いです。さまざまな女性たちのリアルなお悩みに対して、カロリーヌはいつも答えと一緒に問題を解決するためのツールをくれるんです。それが分かりやすくて、質問者から記事掲載した後に熱いお礼のメールが届いたりするとやっていてよかったと思います。

―すごいですね、それはやりがいを感じますね。

CHICO:でも実は私が考えている構想の中ではまだまだなんですけどね(笑)。もっと「Spring Step(スプリング ステップ)」を浸透させて、社会全体をさらに良くする働きかけができることを目指しています。

悩んだ時は、ちゃんと自分に時間をあげること

―なんと、もっと壮大な計画がCHICOさんの中であるとはワクワクします! ちなみにCHICOさんご自身が迷ったり、悩んだ時はどのように解決しているのでしょうか?

CHICO:悩んだ時は答えを出さないこと。悩みや迷いの背後にはさまざまな意識があるんです、それを自分の中で分析、確認するの。その確認作業は頭だけではなく、心も伴っているかが大切だから、そのために自分にちゃんと時間をあげて、もう少し自分の内と外の情報を収集します。だから迷いや悩みがあったら、まずは急いで答えを出さない。私は日々、できるときに瞑想をしているんですが、それをすると日常生活から少し距離を置くことができるんです。少しでも日常から離れることで、悩みや迷いの解決のための糸口が見つかりやすくなりました。
あとセルフケアではないけど、というか忙しいお母さんや働く女性に「あれしろ、これしろ」って言えないから(笑)、自分がいっぱいいっぱいになっちゃったときには、嗅いだ瞬間に「すごく気持ちいい!」って思える香りを見つけて、それと友達になること。それはなんの香りでもいいんだけど、精油だと心にも働きかけてくれるからオススメですね、とにかく自分の味方になる香りを見つけることね。

CHICOさんにとっての、ナチュラル・オーガニックとは?

―では最後に、CHICOさんにとってナチュラル、オーガニック、ホリスティックとは、一言にすると、どんなものですか?

CHICO:それは自分の調和を取ることです。SHIGETAのプロダクトでも、「Spring Step(スプリング ステップ)」でも目指していることなんですが、肉体と精神のバランスが取れて、調和が取れれば、自分自身が持つ本来の力が一番うまく発揮できると思うんです。それによって自分自身といい距離が取れれば、他者との関係も良くなる。そんな人が増えれば、世の中は変わると思います。自分自身との調和によって、社会が変わる。こういう関係性をホリスティックというと思います。

―貴重なお時間の中で、素敵なお話をありがとうございました。

CHICOさんとのインタビューを通じて

子育てに追われ、気づけばさまざまなことをタスクとしてこなしていただけの日々でしたが「自分も楽しみながら、子供から学ぶ」というCHICOさんのマインドは忙殺されそうなときこそ思い出すよう肝に銘じたいと思います。またタイへ移住はできなくても、子供も大人も自然と触れ合うことの大切さを見直すきっかけとなりました。
仕事で一人何役もこなし、パリからタイ、日本を行き来する二児の母。そう聞くと少々浮世離れしたスーパーウーマンのように感じますが、実際のCHICOさんはパワフルでチャーミングで、とてもヘルシーで、とにかく底抜けにハッピーな女性(結果的にスーパーウーマン)でした。少しでもあやかりたいので、できることから地道に実践していきたいと思います。まずは味方になる香りを探しに……。


>SHIGETAのブランド情報をチェック!

>SHIHETAのアイテムをBEAUTY LIBRARYオンラインストアでチェック!

CHICO SHIGETA氏プロフィール

SHIGETA主宰、ホリスティックビューティーコンサルタント。 美しい肌と体を育むためには心身のバランスこそが不可欠と考え、長年フランスおよび日本にてビューティーメソッドを探求。その経験と実績をもとにバイタリティー・コーチング®を考案。現在は、パリのセレブリティやアーティストのためのパーソナルコーチとして活動するほか、大手化粧品会社や美容機器会社のコンサルティング及びブランドスポークスマンとしても活躍中。近著に『「リセットジュース」を始めよう~パリ美人のダイエット』(講談社刊)など、著書多数。オーガニックのすばらしさやホリスティックなライフスタイルがもたらす心と健康への近道を紹介するウェブマガジン「Spring Step(スプリングステップ)」 の編集長も務める。



ライター MATSUKURA

ライター MATSUKURA

元ファッション誌エディターで、海外ゴシップ好き。ベースメイクの研究にハマり、さまざまなクリームやファンデーションをあれこれと試す日々。妊娠・出産を機に、インナービューティーへの関心が深まりつつも、模索中。双子(女の子)の母。