カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

【オーガニックライフinドイツ】睡眠のリズムを整える!ドイツで見つけた安眠アロマ&ハーブティー

【オーガニックライフinドイツ】睡眠のリズムを整える!ドイツで見つけた安眠アロマ&ハーブティー

日照時間の変化が激しいドイツ。睡眠のリズムが狂ってしまい、苦労した経験のあるドイツ・ベルリン在住のヨガティーチャーが見つけた、安眠するためのアロマ、ハーブティー、サプリメントをご紹介。さらには、ドイツ・ベルリンでも大人気の自宅で簡単にできる「リストラティブヨガのおすすめ2ポーズ」のレクチャーもあり、全2回にわたってお届けします。


MENU

1.睡眠のリズムを整える!ドイツで見つけた安眠アロマ&ハーブティー

2.安眠へ導く!自宅で簡単にできる「リストラティブヨガのおすすめポーズ2選」


ドイツは1年通して日照時間がかなり変化します。夏は朝4時くらいから明るくなり始め、夜10時頃まで明るく、冬は前回の記事でも書かせていただいた通り、朝8時くらいまで暗く、夕方4時には日が暮れてしまいます。

ベルリンに引っ越してきた最初の1年はこの日照時間の変化に慣れず、睡眠のリズムが狂ってしまい苦労しました。特に毎年夏はいつまでも明るいので、ついつい寝るのが遅くなってしまう上、なかなか寝付けません。夏に疲れている人が多いのは睡眠不足であるこういった背景があるからかもしれません。

そんな時はハーブやアロマ、ヨガ等で質の良い睡眠をとれるよう心掛けています。今回は、ドイツで見つけた安眠アロマやハーブティー、サプリメントをご紹介します。

安眠におすすめのハーブティー

ドイツではお馴染みのハーブティー、夜寝つきをよくしたり、良質な睡眠へと導き安眠できるハーブティーがオーガニックショップはもちろん、スーパーやドラッグストアで多種売られています。

ドイツで見つけた安眠ハーブティ
オーガニックスーパーの広告:“Schlaf schön” 日本語に直訳すると“よく眠る”です。

中でも人気なのは万能ハーブのカモミールティー。東京のアロマセラピースクールにてアロマセラピスト養成コースを受けている際、先生から教えてもらったレシピなをご紹介します。

●おすすめ安眠ハーブティーの作り方

・材料
 1. カモミールティー
  :ティーバック1つ、または茶葉大さじ1~2杯

 2. ミルク(アーモンドミルク、豆乳)
  :200ml

・作り方
 カモミールティーをミルクに入れて煮だすだけ

このミルクカモミールティーを眠れないときに飲むと体が温まり安眠できるそうです。寝つきが悪い時よく飲んでいます。ミルクが苦手な方は、豆乳やアーモンドミルクにしても美味しいと思います。

ドイツではメディカルと捉えられているアロマ

アロマというと日本ではリラックスやリフレッシュといったイメージが強い傾向にあると思うのですが、ドイツではメディカルにとらえられているようです。ドイツではフィトテラピー(植物療法)が盛んで、ドイツでは、「ハイルプラクティカ」という自然療法士の国家資格があります。あらゆる代替療法を組み合わせて治療することが多く、ハーブ療法、アロマテラピー、ホメオパシーなどがよく使われているそうです。

そういった専門家がいる一方で一般家庭でも広くアロマテラピーが使われており、アロマが人々の暮らしに根付いているそうです。

ドイツで人気のオーガニックアロマブランド“Primavera” (プリマヴェーラ)のアロマオイル

ドイツで人気のオーガニックアロマブランド“Primavera” (プリマヴェーラ)のアロマオイル

プリマヴェーラはヨーロッパでも特に厳しいオーガニック基準が敷かれており、「Na True(ネイトゥルー)」「Demeter(デメター)」認証を得ています。

デメター(Demeter)マーク こちらがDemeter(デメター)マーク。Demeter(デメター)は、最も古い団体で、世界的にも有名でひとつのステイタスともなっています。

オーストリアのオーガニックブランド“Sonnentor”(ゾネントア)のアロマオイル

オーストリアのブランドで“Sonnentor”(ゾネントア)というオーガニックブランドのアロマオイル

ドイツではなく近隣国オーストリアのブランドで“Sonnentor”(ゾネントア)というオーガニックブランドがあります。(ドイツ・ベルリンのクリスマスマーケットの記事でご紹介したアヴェントティーと同じブランドです。)

ドイツのどこのオーガニックショップでも取り扱いがありスパイス、ハーブティー、お菓子等売っています。ウィーンに行った際、専門のショップがあり、ベルリンのオーガニックショップではあまり取扱いがない精油も売っていたので嬉々として購入しました。

安眠におすすめのアロマオイル

安眠におすすめのアロマオイルは、「ラベンダー、フランキンセンス、オレンジ、ベルガモット、ベンゾイン、クラリセージ、カモミールローマン、シダーウッド、サンダルウッド」です。(※単品で使うのもいいのですが、ブレンドするのもおすすめです。)

●安眠アロマオイルブレンド .01 :ベッドルームにおすすめ

ベッドルームの香りにおすすめの安眠アロマオイルブレンドのラベンダー
ラベンダー
香り:ラベンダー&ベルガモット
どちらの精油も鎮静効果が高くストレスや緊張を和らげる効果があります。

●安眠アロマオイルブレンド .02 :なかなか寝付けないときにおすすめ

なかなか寝付けないときの安眠アロマオイルブレンドのサンダルウッド
サンダルウッド
香り:ラベンダー&ベンゾイン&サンダルウッド
ベンゾインというと響き的になんだか強そうな感じがしますが、日本名は“安息香”、その名の通り呼吸を落ち着かせ安心させる効果があります。バニラのような香りがします。

サンダルウッドの日本名は“白檀”、お寺などで焚かれていることも多いですよね。昔から瞑想するときに使われることが多く、精神を落ち着かせる効果があります。

睡眠を促すドイツの安眠サプリメント

睡眠を促すドイツの安眠サプリメント

ドイツでは睡眠を促す安眠サプリメントがドラッグストア等で手に入ります。 中でもバレリアンのサプリメントはよく見かけます。

バレリアンは日本名ではセイヨウカノコソウと呼ばれ、ヨーロッパ原産の植物で、気持ちの高ぶりを鎮め、穏やかな眠りを導いてくれるハーブとして古代ローマやギリシアや中世の修道院でも利用されてきました。このバレリアン、最近日本でも有名になりつつありますが、ドイツでは薬用植物として公に認められています。ストレス・不眠などに対して有効であることが広く知られています。

こちらはオーガニックショップで購入できるアンプル型のサプリメント。ちなみに“Gute Nacht-Trunk” (おやすみドリンク)という意味です。フランスのプロヴァンスのラベンダーの花からとれる蜂蜜と鎮静効果のあるホップ配合です。

次回は、安眠に導いてくれるリストラティブヨガのポーズをご紹介します。


MENU

1.睡眠のリズムを整える!ドイツで見つけた安眠アロマ&ハーブティー

2.安眠へ導く!自宅で簡単にできる「リストラティブヨガのおすすめポーズ2選」



yogaティーチャー MIKA ライター
ライター MIKA

ベルリン在住3年のヨガティーチャー。ヨガ歴15年、日本でのヨガティーチャー歴9年を経て、ベルリンでもスタジオやオフィス等でヨガを教えている。環境や健康を考え、ゆるく楽しみながらベジタリアン&オーガニックなライフスタイルを取り入れている。趣味は地図を眺めて旅行を妄想する事。ベルリン移住後は大好きな旅行を絶賛満喫中。