カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

自社農場でハーブを育てている荒木さんへインタビュー 有機栽培やオウゴンについて、詳しく教えてください!

自社農場でハーブを育てている荒木さんへインタビュー 有機栽培やオウゴンについて、詳しく教えてください!

きちんと知りたい!「有機栽培」とはどういうことなのか

植物や農作物の栽培方法の一つとして知られる「有機栽培」。有機という言葉が入っているし「なんだか体にも自然にも良さそう」、「無農薬なんだっけ?」など、漠然としたイメージを抱いている方は少なくないと思います。確かに、自然にも作物にも、そして人にも優しそうな印象を受けますが、有機栽培って実は知れば知るほど、手間暇かかっていて、地球や作物への深い愛情と知識がなくては続けることは難しいものなのです。
今回は、自社農場である「ネイチャーズウェイ明野ハーブ農場」でハーブを栽培している荒木さんにお話を伺いました。

まずは有機栽培の定義が知りたい! 有機JAS認証も取得している自社農場

1年半前に転職し、ネイチャーズウェイに入社された荒木さんは、前職で農業関係の仕事をしていたということで、初めからハーブの栽培をする開発調査室を志望していたそうです。そんな荒木さんにまず、有機栽培について教えていただきました。

松倉:
早速お話を伺いたいのですが、そもそも有機栽培とはどんなものなのか?そこから教えていただければと思います。

荒木さん:(以下、敬称略)
まず、有機栽培には概念があります。それは“環境に負担をかけない方法で農業を営む”ということです。
ネイチャーズウェイの明野ハーブ農場では農薬や化学肥料、その他の化学物質に頼らず、肥料には牛や鳥の糞を集めてそれを発酵させて作る堆肥や、ハーブの使わなかったところを積み重ねて作られた肥料のぼかしを使います。除草剤や害虫駆除剤も使用せず、生い茂った雑草や繁殖した害虫はその都度、手作業や草刈り機で取り除いています。また梅雨の時期には、湿気が充満してハーブが病気になってしまうので、そうなる前にある程度必要のない枝葉を取り除くなど、間引きをし、風通しを良くしてあげます。また本来なら、植物が病気になった場合、農薬を使って治すのですが、それは農場の長である山口農場長のこだわりもあり、一切使用していません。

松倉:
それはほぼ人の手と、あとは自然の力を借りてハーブなどの栽培を行うということなんですね。

荒木:
一般的な栽培では、農薬や化学肥料、化学物質などを使って合理的にたくさんの量の作物を作るのですが、それとは労力も時間のかかり方も全然違います。とにかく環境へ負担をかけないことを最優先に、手間暇をかけて作物であるハーブを育てています。
その甲斐あって、自社農場は2013年に、厳しい審査基準で知られる有機JAS認証(農薬や化学肥料など、化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された作物につけられる有機食品の検査認証制度)を取得しています。

松倉:
有機JAS認定、名前とマークは知っていますが……。

荒木:
有機JAS認証とは、農林水産省が規格している認証です。その審査を受ける前に2年間、農場にする予定の開墾された土地を一切化学肥料や農薬を使わずに、土壌作りして基準値まで満たさなくてはいけないのですが、さっき名前の出た山口農場長が一から始めてそこまで確立したんです。
そして有機JAS認証を取得して以降も、毎年審査があり、それをクリアしながら更新しています。実は有機JAS認証には、使っていい農薬とかも一部あるのですが、それすら使わないのが山口農場長のこだわりなんです。

有機栽培をしているネイチャーズウェイ明野ハーブ農場ってどんなところ?

松倉:
なんと! ただでさえ手間暇がかかり、骨の折れる有機栽培を数年? いや数十年単位でこの先も続けていくことって大変そうですね……。ちなみに、その徹底的に有機栽培を貫く明野ハーブ農場とは、どんなところなのでしょうか。

荒木:
山梨県の北杜市、明野町にありまして、富士山、南アルプス連峰、八ヶ岳連峰に囲まれた茅ヶ岳の南西部、標高800mのところにあります。そもそも山梨県北杜市明野町は日照時間が日本一長い場所として知られ、ハーブを育てるには良い面と悪い面の2つを持っている場所なのです。


松倉:
良い面と悪い面?

荒木:
まず良い面としては、ハーブの主な原産地であるヨーロッパの気候に似ていること。雨が少なくカラッと乾燥した場所なので、ハーブは生長しやすいです。そして悪い面というのは、日照時間が長いこと。ハーブって日光に当たれば当たるほど光合成をしていいのでは?と思う人もいるかもしれませんが、植物が栄養素に変えられる光エネルギーはごく一部で、それ以外は単純に植物にとって負担になるだけなのです。
でも、だからこそ、その負担に耐えて生き延びるためにハーブは自ら、身を守る成分を作り出すのです。それがタンニンやアントシアニン、フラボノイドと言われる成分なのですが、そう考えると絶妙な場所でもあるんですよね。ハーブにとってはほどよく過ごしやすく、ほどよく過酷。
そんな場所に3800平米くらいの大きさで開墾されており、そう広くはない場所ですが現在、20種類のハーブを育てています。僕が初めて行ったときに印象的だったのは、農場の目の前にそびえ立つ富士山と美しく見渡せる八ヶ岳ですね。周囲を山々に囲まれており、空気も綺麗、そして太陽の光も本当にたっぷりと降り注ぐ、心地よい場所でしたし、農場で働く人々がいろんなことを教えてくれて、とてもワクワクしたのを覚えています。

新たな効果が発見されたオウゴンについて教えてください!

松倉:
素敵ですね。農薬や化学肥料などを一切使わずに有機栽培された作物は、環境だけでなく、安全性が高くなるんですね。
そんな中、先日、明野ハーブ農場で育てているハーブ・オウゴンに新たに抗酸化作用が発見されたというお話を伺いました。次は、実際にオウゴンを育てている荒木さんの立場から、オウゴンについてのお話を聞いてみたいです!

荒木:
農場では現在、20種類ほどのハーブが有機栽培で育てられており、さまざまな文献などに記されている効果効能をベースに育てるハーブを選定しています。その中でもオウゴンは、農場を作った当初、一部の効能しか解明されていなかったのですが“何か秘められた効果があるのでは?”という憶測のもと、実験的に育てられていたハーブなんです。
そして実は他のハーブに比べて、格段に育てるのが大変なハーブでもあるんですよ(笑)


松倉:
そうなんですか? どのような行程になるんでしょうか?

荒木:
通常、ハーブは苗の状態から畑に植えると、1~2ヶ月で根が張ってくるんです。そうすると強く引っ張らない限り、抜けることはないのです。
でもオウゴンは根張りがとても弱く、周りの雑草を取り除こうとするだけで一緒に抜けてしまったりします。
だから、他のハーブに比べて除草作業に時間がかかります。栽培の流れとしては4月に苗を植え、順調に行けば7、8月に紫色の花を咲かせます。そして秋に花が枯れ、一冬を越します。そして翌年の春に新芽が出てきます。その花が咲いたら枯れるのを待って、根の部分を収穫します。


およそ1年半かけて収穫するのですがその間も、少しでも雑に扱うと茎が裂けるように折れてうまく育たなくなってしまうので油断ができません。そして一番大変なのは越冬です。オウゴンの有機栽培を始めてから10年経った今でも、まだオウゴンを掘り起こすと全体量の3割近くは枯れたり腐ったりしてしまっています。
その原因は明野ハーブ農場に雪が降らないこと。雪が積もってくれればお布団のように土の上から根を覆って暖かく越冬できるんですが、それがないまま寒い中耐えてもらうしかない。もちろん網を被せたり、防風対策したり、水のあげ方を工夫するなど、私たちもできる限り試行錯誤しているのですが、未だにデリケートなハーブは育てるのが大変ですし、それは今後の課題でもあります。

しかし栽培が大変なオウゴンではありますが、漢方では消化を良くしたり、解熱に使われたり、また、肌に対しても、炎症 を抑える抗炎症作用があるため化粧品にも使われている実績のあるハーブです。そこに今回、新たに抗酸化作用が加わったということで、もっともっとたくさん育てていかなくてはと動いています!

明野ハーブ農場で、有機栽培を生かしてこれからチャレンジしたいこととは?

松倉:
お話の端々に、並々ならぬ愛情が感じられ、丁寧にハーブを有機栽培していることが伝わってきます。さらにオウゴンの新発見があり、もっともっとチャレンジ精神に火がついているのでは?ということで、これから挑戦したいとを聞かせてください。

荒木:
明野ハーブ農場は農場長の山口さんがスタートしてかれこれ10年ほど経ち、やっと安定してきたところなので、これからは珍しいハーブなどの栽培にも挑戦していきたい、というかその予定がすでにあります。少しずつですが、様々なハーブを育てて、より良い成分を発見したり、抽出方法を考案したりしていきたいですね。
そして研究担当である西坂さんたちのチームとまだ世に出ていないような植物エキスを見つけ、商品化できたら嬉しいです。最終的にはその化粧品を手に取ったお客さまが一人でも多く笑顔になれたら素敵だなと。

松倉:
良いですね、お客さまの笑顔とは作り手からショップに立つ人まで、誰もが目指す一つの目標でもありますよね。ちょっとしつこいですが(笑)、農場を行き来する荒木さんとして、個人的なことでも良いので願望はありますか?

荒木:
僕個人としては、有機栽培している明野ハーブ農場の様子を一般の人にも見て欲しいという想いがあります。
ただ、たくさんの方々に農場へ来ていただくと、例えば農場で使用を禁止している成分が入っている虫よけスプレーを使う方がいたり、農場に清涼飲料水などをこぼす可能性もないとは言えません。有機栽培をしていると薬物などの制限をする必要があるため、さまざまなリスクを考えると明野ハーブ農場自体をたくさんの方々に自由にご観覧いただくために 一般公開するのは難しいのが現状です。しかし、植物を余すとろころなく使ってうまく循環させ、ハーブが育つ様子を多くの人に間近で見て欲しい。
ちょっと大きな野望になりますが、明野ハーブ農場のシステムをどこか別の場所に、公開できる施設として作ってそこで育ったハーブで化粧水を作って見せたりしたいですね。

荒木さんにとってナチュラル・オーガニックとは?

松倉:
確かにお話を聞くだけではもったいないというか、農場に足を運ぶことができれば、もっと有機栽培の素晴らしさを多くの人が知ることができるし、そこで採れたものへの愛着や感謝が湧いてきそうですね。そして、それを知ったことで、手に取る商品に対する思い入れも強くなってくるはず……、なんて思ってしまいました(笑)
では、最後に荒木さんにとってのナチュラル・オーガニックとは?

荒木:
自分 は自然が好きでして、ナチュラル・オーガニックとは、化粧品で自然との繋がりを感じれることだと感じています。
ハーブの栽培という分野からナチュラル・オーガニックコスメに携わることとなりましたが、自然が好きな人と化粧品の素敵な繫がりを作っていけたらなぁと思っています。ちなみに僕は普段から、チャントアチャームのスキンケア用品を奥さんと一緒に使っています(笑)

有機栽培は現実的な理想と大きな夢を実現する!?

お話を聞いていて、荒木さんご自身がしっかりと有機栽培に魅了されているように感じた今回。
オウゴンに新たに抗酸化作用が発見されたことで、明野ハーブ農場にも光が当たり、荒木さんだけでなく研究者である西坂さんも含め、携わる全ての人々の気持ちが一つになったのを感じました。そして荒木さんが語った、これから挑戦したいことについて。これはもう、きっとどこかで実現していただきたい! この記事を読んだ人がいつか、ネイチャーズウェイの農場へ足を運ぶ日が来たらとても素敵ですよね。


●オウゴン関連の記事

お悩み別ハーブ辞典「オウゴン」
新たな効果効能に着目! 研究者が語るハーブの魅力と、オウゴンに期待したい効果とは
自社農場でハーブを育てている荒木さんへインタビュー 有機栽培やオウゴンについて、詳しく教えてください!


荒木真人/あらきまさひと

株式会社ネイチャーズウェイ 開発調査室
農業イベントを企画する会社に7年間在籍し、有機農家にて1年ほどの研修を経験。自身も2年にわたり農業を営む。「ハーブ栽培」「有機栽培」に携わりたいとの思いから、2019年に入社。趣味は旅行と読書と外遊び。



ライター MATSUKURA

ライター MATSUKURA

元ファッション誌エディターで、海外ゴシップ好き。ベースメイクの研究にハマり、さまざまなクリームやファンデーションをあれこれと試す日々。妊娠・出産を機に、インナービューティーへの関心が深まりつつも、模索中。双子(女の子)の母。

RELATED JOURNAL


bathtime03

関連記事をチェック
新たな効果効能に着目! 研究者が語るハーブの魅力と、オウゴンに期待したい効果とは?