カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

新常識に!生理用ナプキンはオーガニックコットンが心地良い「sisi FILLE(シシフィーユ)」BRAND STORY

新常識に!生理用ナプキンはオーガニックコットンが心地良い「sisi FILLE(シシフィーユ)」BRAND STORY

定期的に私たち女性の体をリセットしてくれる生理。そしてその間、常にデリケートゾーンに触れている生理用ナプキンについて、考えてみたことはありますか? 10代で初潮を迎えて以来、毎月使っているナプキンですが、フィット感や吸収性などの使い心地はもちろん、手軽に買える価格か、どこでも買えるかなど、選ぶ基準は人それぞれだと思います。

そこで今回は、2015年よりオーガニックコットンを直接肌に触れる表面シートに使用した生理用ナプキンを発売している「sisi FILLE(シシフィーユ)」の道端真美さんに、自社商品の誕生秘話やプロダクトに関するこだわり、オーガニックコットンのナプキンの魅力について語っていただきました。記事の終盤に差し掛かるに連れ、自分の体のために何を基準にナプキンを選ぶべきか、 そしてその判断が社会にとってどんな影響を及ぼすのか。壮大な話に聞こえるかもしれませんが、意外に手軽で単純な流れを知ることで、オーガニックコットンのナプキンがあなたの新常識に変わってしまうかもしれない。そんな深いストーリーとなりました。



■MENU


生理トラブルに悩む女性スタッフが考えたのは、品質と利便性を追求した生理用ナプキン

松倉:
実は妊娠する前に、周りの友人に勧められてsisi FILLE(シシフィーユ)さんの生理用ナプキンを使わせていただいていました。それをきっかけにオーガニックコットンのナプキンに目覚めた私ですが、個人的にも気になるブランド誕生の経緯から聞かせてください。

sisi FILLE(シシフィーユ)PR

道端:
ブランドが立ち上がったのは2015年になるのですが、その年は弊社がオーガニックコットンを取り扱い始めて20周年という節目の年でした。そのタイミングで「何か新しいことをしたい」と考えていた矢先、産休明けで働いていた女性スタッフがいたんです。彼女は出産後、体質の変化から肌が敏感になってしまったそうで、一般的な化学繊維の生理用ナプキンではかぶれてしまうようになり、産休中からオーガニックコットン製の布ナプキンを使っていたそうなんです。

しかし仕事に復帰して忙しく働く中で、こまめに取り替えたり手洗いしなくてはいけない布ナプキンを使い続けることが難しくなり、かぶれてしまうのを「仕方ない」と我慢しながら化学繊維のナプキンを使っていたそうです。そんな悩みを抱えていたスタッフの話から、一般的なナプキン同様に使い捨てできる利便性と肌にやさしいオーガニックコットンの品質を兼ね備えたナプキン作りが始動しました、それがsisi FILLEの始まりです。

松倉:
その女性スタッフの方の体験があったから生まれたのが、sisi FILLE(シシフィーユ)だったのですね。

パッケージデザインには、 現代の女性のライフスタイルを表現したこだわりが満載

松倉:
すみません、生理用ナプキンのお話へ行く前に、おしゃれなパッケージについて少しお話を聞きたいのですが・・・。

sisi FILLE(シシフィーユ)パッケージ

道端:
ありがとうございます、パッケージについてよく褒めていただけるんですよ。sisi FILLE(シシフィーユ)で生理用ナプキンの企画が始まったときに話題に出たのが、いわゆる生理用ナプキンってお花やハート、動物や星くずなど「どうしてこんなに可愛いものばかりなのか?」ということでした。

この数年で世の中は大きく変わり、女性の社会進出が叫ばれる中で、それぞれに生理との付き合い方も変わってきて、それまで一般的だった使い捨てナプキンのほかにも、布ナプキンや月経カップなど、生理用品の選択肢も増えてきています。それなのに、変化していくライフスタイルに合わせて、なぜ洗練されたパッケージのものが出てこないのか、本当に疑問でした。

だからこそ、現代の女性のライフスタイルにマッチする洗練されたデザインでなければいけないと考え、グラフィックデザイナーの田部井美奈さんにパッケージデザインをお願いしました。sisi FILLEのパッケージは、優れたデザインに贈られる「トップアワードアジア」という賞を2018年にいただき、国際的にも認めていただいています。

松倉:
確かに、一般的に売られている生理用ナプキンのパッケージデザインは、見るからに生理用品というか・・・。でもそれが当たり前だと気にしてもいませんでした。しかしsisi FILLEさんのパッケージはピンクなのに可愛すぎず、かと言ってオーガニックコットンを使った製品特有の素朴でナチュラルな雰囲気にも偏り過ぎていないですよね。

sisi FILLE(シシフィーユ)パッケージはスリーブ式

道端:
そうですね、sisiFILLEのこのピンクのパッケージはスリーブ式になっているので、内袋を開けて使い始めても、スリーブのなかに戻せば最後まで見た目をすっきり使えるようになっています。トイレやお部屋に置いていても邪魔せず、さりげなくマッチするデザインを意識しました。その思いが通じたのか、発売当初から、アパレル系のセレクトショップやライフスタイルショップ、百貨店など、生理用ナプキンを取り扱うにはちょっとびっくりされるような場所で取り扱っていただけたのは嬉しい驚きでした。

松倉:
なるほどですね、一般的に広まる前にファッション業界などの目に留まったという。sisi FILLE(シシフィーユ)さんは、これまでの生理用品とさまざまなアプローチが違いますね。

オーガニックコットンって何がいいのか?「肌にやさしい」そのワケを紐解く

松倉:
なんだかワクワクしますが(笑)、生理用ナプキンのお話を聞ければと思います。素材について、「オーガニックコットンはお肌にやさしい使い心地しい」という話と合わせて、sisi FILLE(シシフィーユ)さんのナプキンはほかと一体どこがどう違うのか、そこから教えていただきたいです。

sisi FILLE(シシフィーユ)パッケージ

道端:
一般的な使い捨ての生理用ナプキンは、石油由来の合成素材でできているものがほとんどです。中には表面のシートにコットンを使用しているものもありますが、オーガニックコットンを使用しているものは数少ないと思います。

一般的なコットンの栽培には、大量の農薬や化学肥料が使用されています。しかしオーガニックコットンは農薬や化学肥料が使われない土地で育てられ、有機肥料を用い、益虫であるてんとう虫を使っての害虫駆除など、昔ながらの方法で手間ひまかけて育てられています。

sisi FILLEのナプキンに使うのは、私たちが生産者から直接買い付けたフェアトレードのオーガニックコットンです。sisi FILLEのもの以外に、オーガニックコットンを使用したナプキンはいくつかありますが、直輸入のオーガニックコットンを使用しているものは見たことがありません。とにかくこだわって素材を選んでいます。

sisi FILLE(シシフィーユ)のオーガニックコットン生理用ナプキンで使われるフェアトレードのオーガニックコットン
photo by Panoco Trading / REMEI AG

実際に漂白されていないオーガニックコットンの肌触りって、びっくりするくらい柔らかいんですよ。しかし、日本の法律上、デリケートゾーンに直接触れる生理用ナプキンの表面は白でなくてはいけないんです。必ず漂白をしなくてはならないため、sisi FILLEでは最終的に漂白成分が酸素と水に分解される、人にも環境にもやさしい漂白方法を採用しています。また、直接肌に触れる表面シートは極力化学的な処理をせず、水だけを使ってオーガニックコットンの繊維を絡み合わせシート状にすることで、柔らかくやさしい風合いを残しています。

sisi FILLE(シシフィーユ)のオーガニックコットン生理用ナプキンの表面
sisiFILLE(シシフィーユ)の生理用ナプキン詳細・購入

松倉:
優しく丁寧に栽培されているだけでなく、製品化される段階でも化学的な負荷を極力避けて作ることで、持ち前の柔らかさを活かしている。sisi FILLEさんの生理用ナプキンの柔らかいフィット感の秘密はそこにあったのですね。

女性のデリケートゾーンに触れるものは、植物由来のものにこだわって

松倉:
ではさらに、その他のこだわりについて聞かせてください。

sisi FILLE(シシフィーユ)PR

道端:
はい、sisiFILLEの生理用ナプキンの特徴として、第一に挙げられるのはやはり肌に直接触れる面が100%オーガニックコットンということですが、その他の部材にも極力自然由来のものを使いたいという思いから、一般的な使い捨てナプキンで吸収材として用いられる高分子ポリマーは一切使っていません。経血などを吸って、ナプキンの表面に戻さないようにするために必要なのが吸収材なのですが、私たちは高分子ポリマーの代わりにセルロースパルプという植物由来のものを使っています。

sisi FILLE(シシフィーユ)が取得しているエコテックス®︎スタンダード100という認証のマーク

その他に特質すべきポイントとしてsisi FILLE(シシフィーユ)の製品には、エコテックス®︎スタンダード100という認証のマークが付いています。これは繊維製品の安全性を証明する国際認証で、洋服などを含む繊維製品全般のなかで、300種類を超える有害物質が検出されていないことを証明するものになります。

日本ではあまりピンとこないという方もいらっしゃると思いますが、欧州では「エコテックスのマークが付いていないと買わない」という人もいるくらい、お買い物の基準として知られているものです。さらにこの認証の中にもクラス1からクラス4まで段階があり、sisi FILLEは一番審査が厳しいクラス1を取得しています。クラス1というと、新生児が口にしても問題ないレベルというものです。

松倉:
世界基準で認められている原材料を使用しているとは、そんな商品が日本で生まれているなんてなんだか嬉しいですね。

初潮を迎える10代の女子たちにも伝えたい!生理への意識と生理用ナプキンの選択肢について

松倉:
エコテックスの話も含め、肌にやさしい使い心地のsisi FILLE(シシフィーユ)の生理用ナプキンは、初潮を迎えた10代の方から閉経する前まで幅広い女性にもオススメできそうですね。先日、デリケートゾーンをケアするのは、早ければ早いほどいいというお話を聞いたんです。初潮を迎えて以降のケアによって、20代、30代のデリケートゾーンは変わってくると。sisi FILLEさんは、初潮を迎える10代の方々へ向けて、何か取り組みをされていたりしますか?

sisi FILLE(シシフィーユ)PR

道端:
sisi FILLE(シシフィーユ)では、過去に女子高生の方々を対象にしたイベントや、お母さんと初潮前の女の子を招いてのイベントに協賛しています。当日参加くださったイベントに皆様にsisi FILLEの生理用ナプキンを配布しました。また、sisi FILLEの生理用ナプキンを使ってくださっている30〜40代の女性から「私が使ってよかったから、娘にも使わせたい」という声もよくいただいているので、個人的には、生理用ナプキンと生理について簡単に学べる冊子をつけて「初潮セット」のような販売方法もできたらと考えています。

sisi FILLE(シシフィーユ)PR
sisiFILLE(シシフィーユ)の生理用ナプキン詳細・購入

最近、昔に比べて現代の女性たちは生理の期間が長くなっていると聞きました。初潮も早まっているし、ひと昔前のように子どもを何人も産む女性が減っていて、生理を体験している期間が延びていると。私自身、この歳になって結婚や出産を一層身近に感じるようになり、改めて生理について真剣に考えたり、勉強してみたりしたのですが、もっと早く知れたらよかったなと思うことがたくさんあります。

10代のうちから生理のことを正しく知り、能動的に考える機会があったらいいと思いますし、その中でsisi FILLEを選んでいただけたら嬉しいですね。今後も若い世代の方々へ、もっと自分の身体に関心を持ってもらえるよう、コミットしていきたいと思っています。

松倉:
松倉:なるほどですね、生理について知るところから始めて、確かな知識を身に付けた上で積極的に生理用品を選ぶ。オーガニックコットンの生理用ナプキンを使うことと同じくらい、生理について知り、そのうえで自分に合ったものを選ぶことも重要ですよね。

満を持して発売されたサニタリーショーツ、今年はSサイズが新たに発売!

sisi FILLE(シシフィーユ)サニタリーショーツ

松倉:
昨年は、sisi FILLE(シシフィーユ)さんから念願のサニタリーショーツが発売されたということですが、そこに至った経緯やこだわりについて聞かせてください。

道端:
実は以前より、sisi FILLE(シシフィーユ)のナプキンを使ってくださっているお客さまから「ショーツを出して欲しい」という声をたくさんいただいていました。企画を始めてから1年、ようやく2019年の秋口に発売でき、ありがたいことに初回生産分はすぐに完売しました。

sisi FILLE(シシフィーユ)PR

商品に関しては、これもお客さまからの声で「締め付けたくない」という要望が多かったので、締め付け感が気にならないボクサータイプにして、ウエストと足口部分にゴムを使わない仕様に。MからXLまでゆったりと穿けるサイズ展開にしたのですが、ただゆったりさせるのではなく、オーガニックコットンに6%だけポリウレタンを混ぜることで生理用ナプキンがずれたり、経血が漏れたりしないようフィット感はしっかりもたせています。

さらにクロッチ(股)部分からお尻のカーブに沿うようにゴムを縫い付けており、それによってナプキンがしっかりと密着する仕様にしています。その他にも履き心地を良くするため、縫製工場さんにはいやがられるような工夫がたくさん散りばめられています(笑)。

そして、通常のショーツと同様、外側に響きにくいものを目指しました。ボクサータイプを採用したのもそれが理由のひとつです。生理のときでも、おしゃれを楽しんでほしいです。

sisi FILLE(シシフィーユ)サニタリーショーツ

あとは、普通のサニタリーショーツですと化学繊維で作られた防水の布がクロッチ(股)部分に縫い付けられているのですが、私たちが作るショーツはその部分にもオーガニックコットンの生地を使っています。通気性・吸湿性の良い天然素材を使うことで、少しでも蒸れを軽減できればとこだわった部分です。

松倉:
なんとも痒い所に手が届くというか、とても気の利いたショーツなのですね!

sisi FILLE(シシフィーユ)PR

道端:
先ほど10代の方々への様々な形でコミットしたいと言いましたが、最近Sサイズも新たに発売したんです。小さめサイズなので、中学生くらいのお子さんにも使っていただけると思います。このショーツはすごく伸びがいいので、よく運動をする方や、よりフィット感を求められる方は、ワンサイズ下のものをお使いいただくこともできます。サイズ展開を増やすことで、今まで以上にたくさんの方々のニーズを汲み取れる商品になったかと思います。

松倉:
大人だけでなく、10代の方々の生理にもきちんと寄り添った商品開発、さすがですね!

お客さまの声を聞き、それを商品開発に活かす、今の環境だからこそできる商品づくり

sisi FILLE(シシフィーユ)PR

松倉:
道端さんご自身は、現在の会社に入り、sisi FILLE(シシフィーユ)に携わって変わった部分や嬉しかったエピソードについて聞かせてください。

道端:
うちの会社って、オーガニックコットンの良さを伝えるだけでなく、自分たちがしていることを全て隠さず伝えようとしているんです。

例えば、サニタリーショーツ一つ一つに「バーチャルトラベルチケット」というタグをお付けしています。このタグに記載されているQRコードを読み取ると、その商品に使われているオーガニックコットンがどこの畑で育ち、どこで糸になって、どこで生地になったか、製品になるまでの工程が見られるようになっているんです。

食品などで「○○さんが作ったトマト」と言った、生産の過程がわかるようのなっていることをトレーサビリティーというんですが、それをオーガニックコットンで実現している数少ない会社だと思います。そんな正直な会社で働けていることがとても嬉しいですね。

sisi FILLE(シシフィーユ)サニタリーショーツ一つ一つに「バーチャルトラベルチケット」

また、私たちは実店舗を持っていませんが、お客さまと直接お話しできるようなイベントに定期的に参加しています。「sisi FILLEの商品なら安心して使える」と言ったお声をいただくと、真摯に物づくりをしてきて良かったと思えます。私たちはオーガニックコットンを使ったプロダクトブランドですが、中には「sisi FILLEを信頼しているから!」と、コットンとは全く関係ない商品のリクエストをいただくことも(笑)

そんなお声に応えられるようこれからも商品開発に取り組んでいければと思います。

sisi FILLEをきっかけに、エシカルでサスティナブルな暮らしを目指してほしい

sisi FILLE(シシフィーユ)オーガニックコットン」
photo by Panoco Trading / REMEI AG

松倉:
2015年より、国連サミットで掲げられた17の目標「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の頭文字をとってSDGsという言葉が浸透していますが、sisi FILLE(シシフィーユ)さんとしてだけでなく、パノコトレーディングとして当てはまる部分はありますでしょうか?

道端:
まずオーガニックコットンとは、先ほども少しお話ししましたが、環境に負荷を与えない、生産者の健康や生活を脅かさないという点で、地球上で最もサスティナブルな素材と言われています。さらに私たちが使っているオーガニックコットンは、bioReプロジェクトから生まれたコットンです。

私たちパノコトレーディングは、2007年度からこのプロジェクトに参画しており、毎年売り上げの一部から寄付を行っています。このプロジェクトの特徴は、単純にオーガニックコットンを栽培するだけでなく、農家の方々のコミュニティーの支援を積極的に行っている点です。例えば、学校の建設、井戸・トイレの建設といったインフラ整備、病院のない村々を回るドクターカーの運営などが挙げられます。他にも、現地の女性に手工芸を教えたり、自立した生活ができるよう就労支援も行っているんですよ。

sisi FILLE(シシフィーユ)オーガニックコットン」
photo by Panoco Trading / REMEI AG

sisi FILLE(シシフィーユ)オーガニックコットン」
photo by Panoco Trading / REMEI AG

最近では「エシカル消費」や「サスティナブル」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、いきなり自分の生活を大きく変えることはとても難しいことだと思います。それでもsisi FILLE(シシフィーユ)の製品が、エシカルでサスティナブルな生活の最初のきっかけになればと思います。

sisi FILLE(シシフィーユ)オーガニックコットン」
sisiFILLE(シシフィーユ)の生理用ナプキン詳細・購入

また消費者の方々の中に、本当はオーガニックコットン100%の布ナプキンを使いたいけれど手間が多く難しいという方、一般的な化学繊維の生理用ナプキンよりもっと肌にも環境にやさしいものが使いたい、でも布ナプキンはちょっと…という方々、みなさんの気持ちを汲む商品でありたいと願っています。

道端さんが考えるナチュラルオーガニックとは?

松倉:
では最後に、皆さんに伺っている質問なのですが、道端さんが考える「ナチュラルオーガニック」とは?

sisi FILLE(シシフィーユ)オーガニックコットン」

道端:
大それたことは言えないんですが、人と人の信頼の上に成り立っているものだと思います。私は、「オーガニックだから」とか「地球環境のために」とかではなく、「信頼するこの人が作っている、おすすめしているものだから」と思って、ものを買ったり、使ったりしたいと思っています。例えば、私一人が「地球温暖化を防ごう!」と言っても、個人でできることって限られているし、さきほども言った通り、自分の生活の全部をいきなり変えることは難しい。だから、あまり難しく考えすぎず、まずはそういった活動をしている方々を応援できたらと思うんです。真摯に努力している人たちだから、その人のことも、その人が作っているものも信じられる。そういうものを買うことで、少しでもその人たちの力になれたらって思っています。

松倉:
確かにそうですね、いきなり自分が何かを成し遂げたり変えたりすることはできなくても、細やかながらその手助けが日頃のお買い物からできればいいし、そういう人が一人でも増えれば良いですよね。貴重なお話をありがとうございました。

最後に

オーガニックコットンを使った生理用ナプキンを通して、sisi FILLE(シシフィーユ)さんが考える女性へのケアやサポート体制の厚さや熱意が伝わってきた今回。発端は私たちのデリケートゾーンからでしたが、身の周りを超えて、社会活動など壮大なお話を聞くことができ、とても勉強になることばかりでした。生理用品を選ぶことと同様に、何に気を留め、生活に落としこむかは一人ひとり違うと思いますが、迷った人はまずsisi FILLEさんのナプキンを使って、生理中の心地良さを実感していただければと思います。


株式会社パノコトレーディングsisiFILLE(シシフィーユ) PR 道端真美/MICHIBATA MAMI
株式会社パノコトレーディング
sisiFILLE PR

美術大学を卒業後、設計会社に勤務。退職して世界26カ国を放浪し、その後単身カナダへ。帰国後、オーガニックコットンを通した嘘のないものづくりに感銘を受け、2018年株式会社パノコトレーディングに入社。産地から直輸入したオーガニックコットンを使ったプロダクトブランド「sisiFILLE(シシフィーユ)」のPRや商品開発、EC運営に携わる。
株式会社パノコトレーディング sisiFILLE(シシフィーユ) sisiFILLE(シシフィーユ)

sisiFILLE(シシフィーユ)はオーガニックコットンプロダクトブランドです。 忙しい毎日を生きる現代の女性にこそ、自分をケアすることの大切さを感じてほしいという想いから生まれました。 オーガニックコットンの産地のひとつであるタンザニアの『sisi=私たち』という言葉とフランス語の『FILLE=少女』からなるブランド名は、プリミティブな力強さとかわいらしさをあわせ持った現代の女性をイメージしています。

≫ アイテム一覧

ライター MATSUKURA

ライター MATSUKURA

元ファッション誌エディターで、海外ゴシップ好き。ベースメイクの研究にハマり、さまざまなクリームやファンデーションをあれこれと試す日々。妊娠・出産を機に、インナービューティーへの関心が深まりつつも、模索中。双子(女の子)の母。

生理・デリケートゾーン関連記事

生理のかぶれはなぜ起きる? 生理用ナプキン選びとデリケートゾーンケアを見直そう! 生理の痛みを和らげる 優しくナチュラルなセルフケア5つの方法
生理のかぶれはなぜ起きる? 生理用ナプキン選びとデリケートゾーンケアを見直そう! 生理の痛みを和らげる 優しくナチュラルなセルフケア5つの方法
意識改革!デリケートゾーンケアが女性に必要な理由「アンティームオーガニック」BRAND STORY
新常識に!生理用ナプキンはオーガニックコットンが心地良い「sisi FILLE(シシフィーユ)」BRAND STORY 意識改革!デリケートゾーンケアが女性に必要な理由「アンティームオーガニック」BRAND STORY
ドリラックスにも!生理痛緩和に効果的で簡単なヨガのポーズ ドイツの生理やデリケートゾーンケアにまつわるあれこれ事情
リラックスにも!生理痛緩和に効果的で簡単なヨガのポーズ ドイツの生理やデリケートゾーンケアにまつわるあれこれ事情
生理痛に効くツボ!セラピストに聞く生理痛セフルケアメソッド
生理痛に効くツボ!セラピストに聞く生理痛セフルケアメソッド