カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

【HOW TO】なぜ冬はお疲れ顔に?顔も心もほぐすオイルを使ったマッサージのポイントとステップ

【HOW TO】なぜ冬はお疲れ顔に?顔も心もほぐすオイルを使ったマッサージのポイントとステップ

顔の血流が滞りがちな季節にこそ、オイルマッサージでサポートを!

冬の冷たい空気に身体が縮こまる季節。顔の肌が乾燥してしまうのは乾燥した空気のせい、と理解できるけれど、なんとなく元気がなくなったような印象を受けるのはなぜだろう?とふと疑問が生まれました。
冷たい空気が実際肌にどんな影響を与えているのかBIOLABのインストラクターの寺本さんに聞いてみたところ、なるほど、という情報がずらり。
取り入れてみたい、と思っていた顔のマッサージも、プロのメソッドを日常に取り入れやすい方法で教えてもらいました。

そもそも、冬に顔の肌はどうなってしまっているの?オイルマッサージをする意味は?

野間:冬に肌が乾燥するのは空気のせい、とわかるのですが、なんとなく元気がない印象になってしまうのはなぜですか?

寺本:冬は冷たい空気によって血管が収縮し、血流が滞ってしまうことが乾燥や顔の印象を左右する隠れた原因です。血液は血管を流れて酸素と栄養を細胞に運び、その結果コラーゲンができたり新陳代謝ができる、という役割を持っています。ですが、寒くなると体温を維持しようとして脳や心臓に血液が優先的に送られるようになってしまいます。
当然、顔や全身の肌にも血液が流れにくくなり、酸素も栄養も届く量が減るため、肌がくすんだり、新陳代謝が衰えて乾燥する、などのトラブルが起きてしまうのです。

野間:その結果、元気がない印象になってしまう、ということですね。

寺本:そうなんです。冬場は血流が滞りがちなので、フェイスマッサージなどをして血流の手助けをしてあげるのが効果的ですよ。

野間:フェイスマッサージをするのに適したタイミングなどはありますか?

寺本:化粧ノリが悪いな、と感じている方は朝にするのがおすすめですが、忙しければ、夜だけでもOK。夜にオイルマッサージすると血流が促され、リラックスもできることから寝ている間に行われる細胞の修復をサポートする効果もあり、眠りの質を高めてくれます。また、リンパが夜のうちに流れるので朝のすっきり感が違うことも。忙しい朝もむくみに悩まず、すっきり小顔になれますよ。

顔のオイルマッサージをするときに気をつけたいこと、使いたいものは?

野間:顔のオイルマッサージをするときに、気を付けたいことはありますか?

寺本:案外見落としがちなのが、マッサージをする手の動かし方です。

■オイルマッサージするときに注意したいこと■
・下から上にすること、下に下げない
・オイル(潤滑剤)をしっかりつけて滑りを良くし、強く摩擦をかけない
・顔を触るときは、ベビーマッサージをするようなイメージをする
・手を動かすスピードはゆっくり。ゴシゴシせずに呼吸に合わせる

野間:顔のオイルマッサージをするときは、どんなアイテムを使うのが良いですか?

寺本:水分が含まれたものより、オイルの方が水分が蒸発せず手がなめらかに滑るのでおすすめです。ナチュラル・オーガニックのオイルだと、植物オイルがベースになっているため、植物オイル自体がもつ有効成分や栄養素が肌に働きかけてくれます。また、精油の力で副交感神経優位に働きやすくなり、その結果リラックスしやすいので血管が拡張して、栄養素がより流れやすくなる、という良い循環が生まれますよ。

顔をオイルでマッサージしてみよう!

Step0:マッサージでのリラックス効果を高める準備!

オイルを手に取り、顔全体~首まで塗布し、その手で鼻を覆うようにし、ゆっくり深呼吸して精油の香りを楽しむ。

Step1:フェイスラインのリンパにアプローチ

顎先に両手の指先を置いて、耳たぶに向かってやさしく3回なで上げる。

Step2:頬のほうれい線ケア

両手の人差し指の根本を口角にあて、人差し指全体をほうれい線を覆うように置く。そのまま、耳に向かって3回なで上げる。

Spep3:フェイスラインと頬のたるみ・むくみをケアする

両手の人差し指・中指を小鼻に置き、鼻からこめかみに向かって3回なで上げる。皮膚が薄い目の下は触らないように。

Step4:目のむくみをケア(目周りのポンパージュ)

目は皮膚が薄いデリケートな場所なので、こすらずにリンパの流れを促す。 両手でVの字を作り、顔の横からアイホール全体を目のまるみに合わせて覆う。 眼球を押さないようにやさしく3回圧をかける。

Step5:おでこのシワ・眉間のシワ・目尻のシワをケア

両手の指全体を使って、おでこ全体を左右交代しながら上になで上げる。 こめかみまで左右しっかり行い、目尻のシワもケアする。

Step6:首まわりのリンパを流して顔全体のむくみを改善する。

耳の後ろから肩先に向かって手のひら全体を使って、片方ずつゆっくりとなでおろす。

顔をオイルでマッサージして、冬の乾燥肌をケアしよう!

寺本さんに顔のオイルマッサージの必要性と方法を教えてもらいながら、「そういえば、自分の身体の機能を助けてあげる、という考えはなかったな…」とふと思いました。 血流をサポートしてあげるためのオイルマッサージ。 そう考えると、なんだか優しい気持ちになり、心がほどけるような感覚をおぼえました。 寺本さん曰く、全部は難しい、という場合は気になる部分だけ、ほんの少しの時間でもいいそう。 日頃頑張っている自分の身体、そして無意識に行われている営みに感謝しながら、気が付いたときにあたたかな気持ちでマッサージをしたいと思いました。



ライター NOMA

ライター NOMA

ナチュラル・オーガニック化粧品使用歴12年、元BEAUTY LIBRARYバイヤー。小田原出身&在住で休日は自然とのふれあいを求めて娘(3歳)とドライブをする日々。手芸や食器、インテリアに幅広く興味がある好奇心旺盛な30代です。

■冬の乾燥対策!OIL&BALM MENU

1、乾燥が進む季節。いつものスキンケアを変えたいときに、オイルとバームはいかが?
2、【HOW TO】オイルでゆっくり、顔も心もほぐすマッサージ
3、冬のひどい乾燥に、一点投入!BEAUTY LIBRARYスタッフおすすめの厳選オーガニックオイル&バーム