Liquid error: Could not find asset snippets/_hasigo-pre-order-v0.0.7.liquid

カート (0)

translation missing: ja.phone_title
+1 111 111 1111
translation missing: ja.email_title
shop@example.com
translation missing: ja.hours_title

Mon-Fri, 9am-5pm

translation missing: ja.directions_title

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

1005 Langley St

Victoria, BC V8W 1V7

Mon-Fri, 9am-5pm

冬到来!寒さと乾燥に負けないスキンケア

冬到来!寒さと乾燥に負けないスキンケア

秋の訪れを感じたかと思えば、遂に冬の足音が近づいて来てしまいました。月日の流れって本当に早いですね。寒さや乾燥でお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今年は長時間マスクをしていることもあり、肌のツッパリ感も感じやすく、日中、ふと気づくと、今朝のお出かけ前より肌色がくすんでいる気がする。。。

周りの環境に左右されやすい、私たちのお肌はとてもデリケート!
今回はそんなデリケートな私たちのお肌のために、寒さと乾燥対策についてご紹介していきます。

① 冬の肌環境とは?

chart1

参照:気象庁データより

夏、降り注いだ紫外線の影響でシミやそばかす、くすみが目立ちやすくなります。
更に紫外線を浴び続けたことで、肌の内側にあるコラーゲン等の弾力繊維がダメージを受け、肌表面は、ハリや弾力の低下を感じやすくなっています。

もちろんご存じのように、紫外線のみならず、可視光線であるブルーライトも同様のダメージをお肌に与えているんですよ!

そして初冬は気温や湿度の低下も重なり、血液循環が滞りはじめ血行不良が生じ、加えて、皮脂や汗の分泌が減少します。皮脂や汗の分泌が減ることで、皮脂膜も十分につくられなくなり、目もと、口もと、頬などにもかさつきを感じやすくなります。
皮脂膜が不十分な状態だと、お肌の潤いが逃げやすくなり、乾燥が進行、乾燥による炎症も生じやすくなり、様々な肌トラブルの誘因にもなりえます。

また、血行不良が続くと、お肌のターンオーバーが乱れ、老廃物の排出が滞り、新しい細胞も生まれにくくなり、肌トラブルも現れやすくなってしまうのです。

このように冬の肌環境は過酷ですね。寒さが進めばもっと過酷な環境に!
だからこそ、自分の肌をよく見て、よく触れて、労わっていきましょう。

② お肌はどんな感じ?

それではここでお肌の状態を確認しましょう。
下記に当てはまる項目はありませんか?ご自身で鏡を見ながらチェックしてみてくださいね。

⑴ 肌に触れた時の感触が、ゴワゴワ、または、カサカサしている。
⑵ 以前よりキメが粗くなった気がする。
⑶ ニキビや吹き出物が出きやすくなってきた。
⑷ お化粧のノリが悪くなった、または、ファンデーションが粉っぽくついている。
⑸ 日中、肌がつっぱる、乾燥している気がする。
⑹ くすみや小じわが増えた気がする。
⑺ ほうれい線、または、フェイスラインが気になってきた。
⑻ 以前より肌が暗く感じる。
⑼ シミ・そばかすが出てきた、または、濃く感じる。
⑽ 1日中、乾燥しているのがわかる。

いかがでしょうか?
お肌の状態は人それぞれですので、上記は一例にすぎませんが、当てはまる項目はありましたか?

私たちのお肌は夏を過ごしたことで、強い紫外線による日焼けやエアコンによる乾燥、暑さによる過剰な皮脂や汗の分泌など過酷な環境にさらされていました。このような過酷な夏の環境を過ごしたお肌は、肌のバリア機能や、分泌・排出機能などが乱れ、一例ではありますが、上記に挙げたような肌トラブルを感じやすくなってしまうのです。
そこに、季節の変化が加わることでお肌も変化してしまうというわけですね。

③ 今の季節に合わせたお手入れの基本を知ろう!

これからの季節はお肌にとって「乾燥」と「寒さ」が重なり、更には、繰り返されることにより、肌トラブルはもっとエスカレート!気温や湿度の低下、暖房による乾燥、そんな冬の肌環境でも、若々しく健康な美肌を維持する秘訣は『乾燥から肌を守ること!』『冷えの予防』が大きなポイントです。

肌の乾燥はしわやたるみ、くすみや肌荒れの原因にもなりやすく、肌そのものの機能低下にもつながり、バリア機能の低下によるトラブルやターンオーバーの乱れ、肌の硬化へも繋がってしまいます。

また寒さにより、血行が悪くなり、毛細血管から肌細胞に栄養が十分に届けられず、その結果、ターンオーバーが乱れてしまうのです。そのためには、血行を促進し、ターンオーバーがスムーズに行われるような環境作りを行いましょう。

④ じゃあ、どうする?

オイルや美容液、パック等のスペシャルケアで保湿やターンオーバーを高め、そして、体を温めるためにもゆっくりと入浴をして、美と健康を維持していきましょう。

上記チェック項目で⑴~⑶が気になる方はこちらから≫

上記チェック項目で⑷~⑺が気になる方はこちらから≫

上記チェック項目で⑻~⑼が気になる方はこちらから≫

上記チェック項目で、⑽が気になる方はこちらから≫

バスアイテムはこちらから≫


寒さが深まる度に、冬の肌悩みとして毎回あがるのが寒さによる「冷え」と「乾燥」。毎年、繰り返す悩みだからこそ、しっかりと今のうちからケアしておきたいですよね。

オフィスやご自宅で暖房にさらされていませんか?お肌のツッパリ感は???外出中、ひんやりとした外気にさらされたご自分の両頬に触れてみてください。ひんやりしていたら、「冷え」始めているサインかも???
そんな時はしっかりと入浴して全身を温めて、スキンケアでお肌のうるおい保護も忘れずに、自分を労わってあげてくださいね。
きっと明日は良いことがあるはず!

x